ミャンマーの片田舎に土地を買おう

今回の出張では、マンダレー郊外のPyin Oo Lwin(ピンウーリン)に足を伸ばしました。
この町は、別名メイミョーと呼ばれ、ミャンマーの中でも高地にあるため、一年を通して涼しい気候です。
第二次世界大戦の時の軍事要塞だった街です。市内には、大統領の別荘や軍事大学が建ち並び、町並みは英国風です。

この町も地価が結構上がってきました。
主要住宅エリアは1エーカーあたり8万ドルとのこと。

けれども、Pyin Oo Lwinダウンタウンから車で20分ぐらいの郊外、Pyin Oo Lwin-Mongok Rd沿いでは、1エーカーあたり500ドル!

Pyin Oo Lwin
Pyin Oo Lwin

コーヒー豆を栽培したり、

Pyin Oo Lwin
Pyin Oo Lwin

イチゴを栽培したり、

Pyin Oo Lwin
Pyin Oo Lwin

春は桜を楽しんだり。

Pyin Oo Lwin
Pyin Oo Lwin

電気も水もない。周りは赤土の荒野で誰も住んでない。今すぐ土地の値段が上がるわけでもない。
そんな土地ですが、なんだかワクワクしますね!
土地を買って、ボーダー柵を作ればよいだけ。あと20年してリタイアしたら戻ってこよう。

ちなみに、こちらは、やや市街に近い、農地として使える場所。
12エーカーで、8万ドルだそうです。
2/12 UNION DAYから外国人も土地を買えるようになったらしいですが、もしかするとガセネタかもしれません。

Pyin Oo Lwin
Pyin Oo Lwin

Golden Myanmar Airlines (GMA)にのる

ヤンゴンとマンダレーの行き来には、バス・電車・飛行機があります。
一番のおすすめはバスです。18000Ksで最上級クラスのバスに乗れば、快適にマンダレーまで移動できます。
しかし、時間はかかり、途中の休憩を含めて9時間ほど。
そのため、マンダレーで宿泊して、午前中にヤンゴンに移動したい場合は、飛行機を使うことになります。

飛行機と行っても、結構時間がかかります。
  ・マンダレー市内 > マンダレー空港 早朝で1時間
  ・搭乗まで待ち時間 1時間
  ・マンダレー>ヤンゴン空港のフライトが1時間
  ・ヤンゴン空港 > ヤンゴン市内 朝1時間弱
ということで4時間はかかりますので、ご承知おきください。

さて、マンダレーとヤンゴンを結ぶフライトは、Air Mandalay、Air KBZ、Air Bagan、Asian Wingsといくつかありますが、
今回はGolden Myanmar Airlinesに乗ってみました。

Golden Myanmarの良いところは、
  ・JETである (エアバスA320)
  ・朝イチのフライトで、9時半にはヤンゴンに着く
  ・外国人料金がない (ローカルと同一)
  ・LCCである
ということでしょうか。
私のフライトは、45,000Ksでした。45ドル。
以前、Air Mandalayに乗ったときは外国人プライスで175USDかかりました。

LCCなので、バスで飛行機に向かい、タラップから乗り込みます。
朝日を浴びて、気持ちいい気分になります。
ヤンゴン経由してシンガポールまで飛ぶそうです。

Golden Myanmar Airlines  Y5234 AirBus A320
Golden Myanmar Airlines Y5234 AirBus A320

航空機は比較的新しいらしく、内部はきれい。
CAさんもかなりジェントルな感じで、上品さを感じます。
座席は横幅広いですが、前が窮屈です。
2014-02-13 07.56.56

LCCなので、機内食やドリンクは別途料金。
この辺はAIR ASIAそっくりですね。
2014-02-13 09.32.07

なので、金額と午前中移動のメリットを考えると、交通手段の選択肢には入るでしょう。
ちなみに、AirBaganは、世界中で危ない航空会社のかなり上位にランクされていますが、Golden Myanmarも、その次点ぐらい。
やっぱり僕はバスが良いですね。

日本弁護士連合会の「ミャンマー知的財産セミナー」

ミャンマーは、イギリス統治時代に作られた厳しい法律がありますが、軍事政権でそれが事実上適用されていない現状にあります。そのため、人によって法解釈(法適用)が異なっています。今後のミャンマー国としての進み方を知る絶好の機会ですね。

http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2014/140228.html

日時 2014年2月28日(金) 13時15分~17時
場所 弁護士会館2階講堂「クレオ」A→会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

プログラム  <講演>
・基調講演1 「アセアンとの協力、特にミャンマーに向けた我が国の
取り組み」
中尾泰久  経済産業省特許庁総務部長
・基調講演2 「ミャンマーの知財システム」
Moe Moe Thwe(モー・モー・トエ)ミャンマー科学技術省知的財産課首席
・「ミャンマー経済・知財概況」
大熊靖夫  ジェトロ・バンコク事務所知的財産部長
・ 「ミャンマーにおける知財権利行使」
Fabrice Mattei(ファブリス・マッティ)Rouse法律事務所ミャンマー事務所責任者
・ 「ミャンマーにおける知財制度への期待」
菊地康久  サッポロビール株式会社生産技術本部副本部長

 

<パネルディスカッション>
・パネリスト:全講演者
・行方國雄 弁護士 (ミャンマー知的財産制度整備支援チーム委員)
・モデレーター:林いづみ 弁護士(日本弁護士連合会知的財産センター委員長)

参加費等 参加費無料/要事前申込(定員200名)
主催 日本弁護士連合会
共催 経済産業省 特許庁 独立行政法人日本貿易振興機構
一般社団法人発明推進協会 日本知的財産協会
問い合わせ先 日本弁護士連合会 法制部法制第一課

TEL:03-3580-9886/FAX:03-3580-9899