クリスマスが祝日のミャンマー、カイン州、ランボー?

カイン州の話をしていたらなぜか映画『ランボー』の話をしだした人がいます。
私はランボーは見たことがなくアメリカの映画だと思っていたのでどういう関係があるのか不思議。ちょっと調べてみようと思います。

その前になんでカイン州の話になったかというと、、、

・明日はクリスマスだ
・ミャンマーは「クリスマス」という理由で12/25は祝日だ
・なぜ仏教徒の多い国なのにクリスマスを祝日にするほど大事にしているのか
・カイン州がイギリスの植民地だった時期があるからでは?

そんなような話です。

カイカイン州と日本の位置関係ン州と日本の位置関係
カイン州と日本の位置関係
周辺諸国とカイン州の位置関係を示す地図
カイン州の位置

カイン州(Kayin State) についてのwikipedia情報

ミャンマー南部に位置し、マンダレー地方域、シャン州、カヤー州、バゴー地方域、モン州、タイ王国(メーホンソーン県、ターク県)に接する。

第一次英緬戦争(英語版) (1824-1826)の後、サルウィン川以南のカレン州の1/3の領域が大英帝国の支配下に入り、残りの領域も1852年の第二次英緬戦争(英語版)以後、植民地化された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E5%B7%9E

wikipediaを見るとまだ完全な独立ができてなくて「州のほぼ全域が戦場となっている」かのようですが、英国植民地時代の末期 (1945年 – 1948年)との表現があるので、1826~1948まで英国植民地だったと思われます。122年間。

ランボーのwikipedia情報

・ベトナム帰還兵ランボーについての話
・ランボー/最後の戦場(2008年5月24日公開)の舞台がミャンマー
・ロケ地はミャンマーとの国境からそれほど離れていないタイ北部

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC

コピペばかりになってしまいましたが、「ランボー/最後の戦場」のwikipediaが大変勉強になりました。2008年=11年前の映画ではありますが、少なくとも11年前そのような状況だったということで、外務省の海外安全ホームページでミャンマー全国が黄色になっていることに、少し納得しました。

とは言え、、、

作中カレン族にはキリスト教徒が多いとされているが、他のビルマ族やシャン族などと比べて多いというだけで、平地に住むカレン族の85%は仏教徒である(残りはキリスト教徒)。ただし山岳居住のカレン族にはキリスト教徒が多く、中には無宗教もいる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC/%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%A0%B4

だそうです!キリスト教徒は少ないけど祝日なのは100年以上イギリス植民地だったせいなのでしょうか。日本も祝日増やしてくれていいんですけどね。。。?

この記事を書いた人

JPstaff

「ミャンマー切り抜き職人」サービスを運営するノシクミ株式会社の日本オフィスに勤務する、新人Webデザイナーです。ミャンマーに学校をつくる活動をしている友人(ミャンマー人)に誘われてミャンマーに遊びにいき、ミャンマーの仏教的な価値観に興味をひかれるようになりました。

関連記事(同じタグをもつ記事)