GOLDEN MYANMAR AIRLINES (GMA)にのる

ヤンゴンーマンダレー間の交通手段

ヤンゴンとマンダレーの行き来には、バス・電車・飛行機があります。

一番のおすすめはバスです。18000Ksで最上級クラスのバスに乗れば、快適にマンダレーまで移動できます。
しかし、時間はかかり、途中の休憩を含めて9時間ほど。

そのため、マンダレーで宿泊して、午前中にヤンゴンに移動したい場合は、飛行機を使うことになります。

飛行機と行っても、結構時間がかかります。

  • マンダレー市内 > マンダレー空港 早朝で1時間
  • 搭乗まで待ち時間 1時間
  • マンダレー>ヤンゴン空港のフライトが1時間
  • ヤンゴン空港 >
  • ヤンゴン市内 朝1時間弱

ということで4時間はかかりますので、ご承知おきください。

Golden Myanmar Airlinesに乗ってみた

さて、マンダレーとヤンゴンを結ぶフライトは、Air Mandalay、Air KBZ、Air Bagan、Asian Wingsといくつかありますが、今回はGolden Myanmar Airlinesに乗ってみました。

Golden Myanmarの良いところは、

  • JETである (エアバスA320)
  • 朝イチのフライトで、9時半にはヤンゴンに着く
  • 外国人料金がない(ローカルと同一)
  • LCCである

ということでしょうか。私のフライトは、45,000Ksでした。45ドル。
以前、AirMandalayに乗ったときは外国人プライスで175USDかかりました。

LCCなので、バスで飛行機に向かい、タラップから乗り込みます。
朝日を浴びて、気持ちいいです。
ヤンゴン経由してシンガポールまで飛ぶそうです。

Golden Myanmar Airlines Y5234 AirBus A320

航空機は比較的新しいらしく、内部はきれい。
CAさんもかなりジェントルな感じで、上品さを感じます。
座席は横幅広いですが、前が窮屈です。

LCCなので、機内食やドリンクは別途料金。
この辺はAIR ASIAそっくりですね。

なので、金額と午前中移動のメリットを考えると、交通手段の選択肢には入るでしょう。
ちなみに、AirBaganは、世界中で危ない航空会社のかなり上位にランクされていますが、Golden Myanmarも、その次点ぐらい。
やっぱり僕はバスが良いですね。

この記事を書いた人

ToriJun

「ミャンマー切り抜き職人」サービスを提供するノシクミ株式会社の代表取締役。年に数回、ビジネス目的でミャンマーに渡航しています。

関連記事(同じタグをもつ記事)

納期

今すぐご依頼いただくと

までに納品いたします。

友だち追加

ご利用事例

コラム

コラムをもっと見る

営業カレンダー

  • Facebook
  • Twitter
  • はてな
  • LINE
  • コピー

    ページタイトルとURLがコピーされました