美味しいビルマ料理 (発音もあるよ🎧)

ビルマ料理は日本と同じように主食、二つ以上の副菜とスープを家族の皆で一緒に食べます。

  • 主食はご飯でタミンと言います
  • ヒンとは副菜の事
  • ヒンイェー(アイェー)はスープの事
1セットのミャンマー料理

ビルマ料理の油が多い理由

ビルマ料理とは基本的に濃い味で多少🔥辛い🔥です。そのため、ビルマ族の人々は料理を作るときたくさんの油🏺を使って、その辛さを抑えているそうです。

チェターアルーネッヒン(鶏肉じゃが)

ビルマ料理の調味料

基本的な調味料

ミャンマー全国でよく使われている基本的な調味料はニンニクタマネギショウガ唐辛子🌶、マサラー(インド風のスパイス)、魚醤🐟とガピ(エビ🦐や魚🐟を発酵した味噌)などです。

三十分で作れる代表的なビルマ料理 チェアルーネッヒン

材料

チェアルーネッヒンの材料
  • じゃがいも 5個
  • 鶏肉 200g
  • 調味料(ニンニク・タマネギ・ショウガ・唐辛子・ガピ・マサラー) 好きな量で良い
  • 魚醤 大さじ一杯
  • 塩 ガピと魚醤がしょっぱいので、塩は少しだけ

作り方

1.まずはニンニクタマネギショウガ唐辛子を叩き和え用の器具(すり鉢のような物)に入れて叩きます。

2.それができたら、じゃがいもを大き目に刻んで、鶏肉と一緒に鍋の中に入れます。

3.そして、油と調味料を全部入れて、水を少し入れます。

4.三十分後、とても美味しいビルマの人気料理チェアルーネッヒンができます。

おまけ

YeWinNaingさんの記事のなかに出てきた単語を、メイさんにミャンマー語で発音してもらいましたので、カタカナだけど実際はどうなのかな?って気になった方はぜひ聞いてみてくださいね^^

この記事を書いた人

YeWinNaing

イエ・ウイン・ナイン、ミャンマー出身。日本に留学経験あり。 留学していた当時に寄稿いただいていました。

関連記事(同じタグをもつ記事)