OoredooのSIMを買ってみる

ミャンマーでは、国営企業であり最近KDDIと業務提携したMPTの他に、カタールのOoredooとノルウェーのTelNorという3つの携帯電話キャリアがあります。元々は、国有企業のMPTが独占していたため、SIMカード1枚600ドルと、大卒初任給の4〜5倍の価格でした。しかし、OoredooとTelNorの2社が参入し、SIMカードの金額は600ドルから1ドル50セント(1500Ks)と極端に安くなり、たくさんのミャンマー人が携帯電話を持てるようになりました。

2014年に2社が搭乗した頃は、通信速度の速さからOoredooが優位と言われていました。しかし、2015年になって、ロヒンジャー(ロヒンギャー)の問題が注目されるようになると、「イスラム教の国の携帯なんか使いたくねえ」というミャンマー人が多くなり、Ooredooからの離脱が進んでいます。

ということで、OoredooのSIMカードを購入してみました。

IMG 2603

OoredooのSIMカードは、Technolandなどの量販店や、それこそ街角の携帯ショップで売られています。通常は、携帯電話番号を選べるようにこのように逆向きにして販売されています。0000などのキリの良い番号は、1500チャット以上の高値がついているか、だいたい流通しないようになっています。ですので、好みの番号をゲットするには、Techonolandなどの量販店で購入するのが良いでしょう。

購入時に、チャージする金額も合わせて支払います。私は10,000Ksをチャージしましたので、SIMカード代金と合わせて11,500Ks支払いました。10,000Ksあれば、私の利用スタイルだと30日分は持つかもしれません。

なお、現地人に名義を借りないで購入するときは、パスポートを持参して下さい。誰に販売したのかを記録していますので、パスポートがあれば大丈夫です。

IMG 2638

OoredooのSIMカードの表面はこのようになっています。通常サイズ・MicroサイズのSIMが一体型になっています。もしも、iPhone5Sなど、Nano SIMを利用する必要があれば、購入店舗で聞いてみて下さい。たいていはNano SIMカッターを持っていて、その場ですぐにカットしてくれます。(動作保証してくれるんでしょうかね・・・?)

IMG 2637

 

背面にはIDと電話場暗号が書かれます。この写真では切り取った  部分に電話番号が書かれています。電話番号は099-xxxx-xxxxという形式で、MPTの携帯電話番号に比べると長く覚えづらい番号になります。

IMG 2634

SIMカードはこんな具合に収まっています。通常サイズ、Micro SIMどちらでも利用できるSIMカードが入っています。私はiPhone5S用にNanoサイズでカットしてもらったので、こんな残骸になっています。

IMG 2635

なかにはアクティベートの方法などなどいろいろ書かれています。購入時に、店員にアクティベートしてもらいましょう。そうすれば、操作不要ですぐに利用可能です。

IMG 2636

OoredooのAPN設定などはこちらを参照下さい。

 

IMG 2570

ミャンマーでの快適なインターネットライフを楽しんで下さい!
ただし、Ooredooはダウンタウンであってもアイススポットと呼ばれる圏外エリアが多々あるようです。もっと電波塔が建ち並べば良いですね!(写真はPyeyロード脇の電波塔)

Shwe Pu Zun ミャンマーのカフェ

ミャンマーのカフェと言えば、ヤンゴンならMoon Bakery、マンダレーのSP Bakeryなどが有名ですが、もう一つ忘れてはならないのは、Shwe Pu Zunです。シュウェ・プズンと読みます。シュウェは黄金、プズンはエビですから、黄金のエビという名前の店です。
http://www.shwepuzuncake.com/

IMG 2572  1

Lanmadawにある本店に行ってみました。

IMG 2574

ショーケースに並んだケーキ。アメリカのような、うわーこれは食べたくない・・・と思うような原色のケーキではなく、パステルカラーで、とてもキレイです。ケーキ1個9600Ksぐらいから。ミャンマー人庶民には手は出せないですが、1つ買ってオフィスに持って帰ると、スタッフの黄色い声援が聞こえるほどです。是非、ミャンマーローカル企業とのアポイントがあったら、手土産に買っていってはいかがでしょうか。

IMG 2573

なかは綺麗なベーカリーです。本店には、このようなベーカリーのお店と、隣に併設されたカフェがあります。カフェの方でドリアンのアイスクリームを食べて暑さを癒やすと良いですね。

IMG 2575

ミャンマーは使う者と使われる者が分かれています。飲食店で働くスタッフは地方から出てきた貧乏人が多く、教養も道徳観・倫理観もめちゃくちゃです。地方から出てきた同志で子供を作って、地元の親が怒鳴り込みに来る。日系レストラン同様、ミャンマーローカル企業も吐き捨てるように人材を使い倒すのが一般的です。

しかし、このShwe Pu Zunの創業オーナーは、そういうことをしなかった。結婚を心から祝福し、一緒に働ける環境を準備し、など、スタッフに対して手厚い待遇を施したと評判です。それがゆえに、お店への愛着心ができ、どんどん店舗を増やして行ったとか。

実際、この店ぐらいです。店員が生き生きしているのは。

是非立ち寄ってみて下さいね。

Shwe Pu Zun Cafeteria & Bekery House
http://www.shwepuzuncake.com/
Shop (1)   No.246,248,  Anawrahta Road, Lanmadaw Township, Yangon, Myanmar.
Tel: 95-1- 222305, 211709, 227171,  Fax: 227771.

BLIND TIGER YANGON

ヤンゴンの知人に、シークレットなレストラン「BLIND TIGER」を紹介してもらいました。このブラインド・タイガーというお店は、ヤンゴンのダウンタウンにあって、オーストラリア人がオーナーのレストランです。ほとんど欧米の白人ばかりで、日本人を含むアジア人はほとんどいませんでした。

IMG 2598

どれも美味しいのですが、目玉は、ハンバーガーですかね。レストランの照明が暗いので、あまり美味しそうに写真に写っていませんが、味は超絶うまい! いままで、UNION BARとか50th Barとか、THE MANHATTAN FISH MARKETなどによく食べに行っていましたが、それを上回るほどおいしい!

IMG 2599

場所は内緒です。
どの辺かというと、ダウンタウンのROYALPARKホテルの近くにあります。
このマークを見かけたら是非立ち寄ってみて下さい!

IMG 2597

日系の「ホテルガンゴウ HOTEL KAN KAW」

6月16日からおよそ1週間、ヤンゴンに滞在してきました。以前に比べてネット環境が飛躍的に良くなり、また、スタッフの習熟度が高まったこともあって、ヤンゴンに行かなくてもビジネスが回るようになってきましたが、社員の評価面談などはFace to Faceが欠かせません。

今回は、日系企業が運営するAHLONEにあるホテル「ホテルガンゴウ」(Hotel Kan Kaw)に宿泊することにしました。日系企業が運営するホテルはヤンゴン市内にも増えてきましたが、このホテルガンゴウは2013年からオープンしていて、日系ホテルでは老舗のホテルです。ホテルの最上階には日本人会の事務所も入居しています。私もヤンゴンにはかなり滞在しますが、このHOTEL KAN KAWへの宿泊は初めてです。

HOTEL KAN KAWのお部屋

部屋はDELUXEのダブルルームでお願いしました。料金の割には広い部屋です。

IMG 2583

そんなに大きいわけではありませんが、ビジネスで必要充分なサイズなデスクもあります。ミャンマーの3つ星以下のホテルは、パソコンと資料を広げられるようなデスクが少ないです。コーヒーテーブルとソファー席だったりすると、現地での執務が大変になりますよね。視察という名目の旅行のだったらそれでも良いかもしれませんが、仕事でミャンマーに来る以上デスクは必要不可欠な機能です。

IMG 2584

部屋の冷蔵庫を開けると、そこには八海山の冷酒が!いつもは30,000Ks(およそ3,000円)ですが、今は期間限定プライスで20,000MMKとのことでした。私は日本酒を飲むとすぐに記憶が飛んでしまいますので、今回はおあずけです。その他、ミャンマービール缶(2,000Ks)、コーラ、水(1,000Ks)など、必要な飲み物は揃っていて、たりなければフロントにお願いすればすぐに持ってきてくれます。私はミャンマービールの瓶(3,000Ks)が好きなので、到着早々2本開けてしまいました。

IMG 2589

トイレはこんな感じ。この画像の左側にアメニティも揃っています。ミャンマー式ウォッシュレット(左の水のホース)も水圧ばっちり。

IMG 2586

お風呂はこんな感じ。ユニットバスなのでトイレと一緒にありますが、広くて綺麗なバスタブです。特筆すべきは、お湯が透明!!ヤンゴンのダウンタウン、特にボタタウンの方だと、お湯を貯めてもうっすら濁ってて、湯船に長く浸かりたくないです。特に雨期はひどくなりがちです。そんな雨期の6月でもHOTEL KAN KAWは透明なお湯でした。

IMG 2587

食事

完全な和食です!
ミャンマーは朝から脂っこいものを食べますから、あっさりした和食は嬉しい限り。滞在が長くなればなるほど、和食は嬉しいです。ミャンマービールを飲み過ぎて二日酔いの朝も、味噌汁を飲めば復活できますね。

IMG 2593

設備

ホテルの2階にジムがあります。ほとんど使っている人はいないようですが、体を動かせるマシンがあると嬉しいですね!

IMG 2590

HOTEL KAN KAWは連れ込めるか

HOTEL KAN KAWに女の子を連れ込めるか、という質問をよく聞きます。というのも、HOTEL KAN KAWはオープン当初、連れ込みができませんでした。そのため「○○商工会議所視察ご一行様!」みたいな日本人にありがちな視察ツアーでは、いろいろトラブルが起きていたと聞きます。しかし、2015年6月現在、このような張り紙が各部屋のドアに掲げてありますので、連れ込みOKになったということでしょう。

このホテルはAHLONEにあるので、クラブに行くとすればSKYWAYですかね。ただ、SKYWAYは日本人が少ないローカルなクラブで、クラブが女の子の管理をしていません。連れ出しは非常に安い相場(40,000Ks=4,000円)ですが、ヤンゴン初心者の方はご注意下さい。下手打ってボッコボコにされないように。

IMG 2588

結論

HOTEL KAN KAWは、日本人が多く滞在する日系のホテルですから安心です。3泊ぐらいの視察にはちょうど良いかもしれませんね。


93A, Hnin Si Kone Street, Ahlone Township

KDDIの「海外ダブル定額」がミャンマー対応

アメリカやヨーロッパ、アジアの主要国では、日本の携帯電話を持って行って現地で利用しても、パケット利用料の上限が有り、それ以上課金されないような仕組みがあります。ドコモで言えば「海外パケ・ホーダイ」、KDDIでは「海外ダブル定額」、ソフトバンクなら「海外パケットし放題」というサービスです。

いままで、これらのサービスはミャンマーは対象外とされてきました。そのため、現地OoredooやTelnor、MPTなどのSIMをSIMフリー携帯で使うか、モバイルルータをレンタルするかしかありませんでした。そうしないと、割引が一切効かない「定価」で請求されるため、1週間の出張で10万円を超える請求をよくききました。いわゆる「パケ死」という状態となります。

MPTと業務提携したKDDIがやってくれました。1日の24.4MB(定価4万円分)までは1日1,980円に、どれだけつかっても1日2,980円です。24.4MBというのは非常に少ないので、Facebookでちょっとアクセスしたら突破します。実用に値しない閾値です。しかし、1日2,980円をこえないということは、1週間の出張で、2万1000円を超えないと言うことです。これで出張時のネット代金も予算化できますので、もう怖くないですね!!

スクリーンショット 2015 06 01 11 09 40

ただ、通信品質は良くなってきたと言うことですが、私はTelnorをつかっていますので、MPTがどれほどかよく分かりません。。。2,980円払ってまで通信したいレベルなのかも微妙です。次回の出張時に確かめてきたいと思います! 

KDDIでは「海外ダブル定額」
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/packet-discount/kaigai-double-teigaku/lte/

ヤンゴン空港の空港使用料が2015年4月1日より値上げされます

タイの格安航空会社NokAirのWebsiteによると、2015年4月1日からヤンゴン国際空港の空港使用料が値上げになるそうです。国際空港の国際線は、現在10ドルのところ15米ドルとなり、5USDの値上げとなります。また、ドメスティックな国内線も、2000チャット、1000チャットとなります。

Yangon international

NOK AIR はこちら

東京外国語大学オープンアカデミー「ミャンマー語初級」

東京外国語大学でミャンマー語初級の講座が開かれます。東京外国語大学はやはり外国語を専門的に学ぶ聖地。募集人数9名ですから、効果的に学べそうです。ミャンマーの人はアジアの中でも英語はかなり話せる方ですが、それでも地方に行ったり、相手の本音を聞き出そうとすると、ミャンマー語を片言でも良いから話せた方が良い。親ミャンマーもアピールできますね。

やはり国立大学のオープンアカデミーだけあって、ローコスト。12回の講座で18,540円です。

・受講対象者

本授業は初めてビルマ語(ミャンマー語)を学ぶ方が対象です。受講にあたって特別な知識や経験は必要ありません。ビルマ語やミャンマーの地域事情に関心のある方々を歓迎します。

・講座説明

ビルマ語(ミャンマー語)は,東南アジアの最西端に位置する多民族国家,ミャンマー連邦共和国の公用語です。昨今,ミャンマーは急速な民主化と経済改革が進み,国際社会から注目が集まっています。
 この授業ではビルマ語を入門の段階からじっくりと学びながら,ミャンマーの文化や社会に関する基礎知識も身に付けます。また,ビルマ語には口語体と文語体というふたつの文体があります。初級のクラスでは主に口語体を勉強します。
【学習目標】
(1)ビルマ文字と発音を習得します。
(2)初歩的な文法知識をマスターします。
(3)ミャンマーでの滞在に役に立つよう,日常会話でよく使う慣用表現を覚えます。
 ビルマ語の基本語順や文の作り方は日本語にとても似ているので,日本人には学び易い外国語です。ビルマ語のコロコロと丸く,可愛らしい文字を覚えながら,一緒に楽しくビルマ語を学びましょう!

▶ 応募はこちらから
http://www.tufs.ac.jp/common/open-academy/course/list/burmese/index.html

ヤンゴンでのタクシーで注意すること

夜のヤンゴンにタクシー乗ってる際、運転士とその仲間が客を
襲って持物を奪う事件が多発しています。
※ ヤンゴンのみとは限らないのでご注意を・・

ヤンゴンのタクシーには注意

1)
呼んだタクシーが止まった時、中に運転士以外人が居る場合、止めましょう。

※ 自分の妻だから大丈夫とか、この人はお客さんでまもなく降りますとか言います。

・タクシーに乗ってから女が自分の服を自分で破って叫んだらおしまいです。
・前から乗って来た人は本当のお客さんだっとしても、その人が麻薬売人だったら巻き込まれる可能性高いです。

2)タクシーの値段交渉の際、目的地まで一人で乗ると伝えて下さい

・途中で人を乗せると思ったら、ダメと怒ってください。又は、その車から降りることをしてください。
・途中で近い所で荷物(小物)をピックアップしたいと言う時もあります。

昼間でものどが壊れるぐらい叫んでも助けが来ない場所とか有ります。タクシー運転士達はその場所とかをよくしています。

【まとめ】
タクシー乗る時は強気で且つ、安いより安全を第一で・・
特に、JJやエンペラーなどのナイトクラブ周辺のタクシーは注意です!

2014年まではこういう話はあまり聞きませんでした。
タイやアジア周辺諸国同様、経済発展するとこういった犯罪は増えます。
犯罪にあうのは確率の問題ですから、用心にこしたことはありませんね!

マンダレーのMingalar Mandalay(ミンガラーマンダレー)グランドオープン

 

 

軍政がおわって、経済が一気に発展し始め、ミャンマーではヤンゴン以外の地域も発展が始まりました。

マンダレーという都市があります。ヤンゴンに続く第2の都市で、ネーピードー、ヤンゴンの前の首都です。そこの郊外にMingalar Mandalayというショッピングセンターが本日2015年2月26日、GRAND OPENしました。

mingalar Mandalay Grand Open Event

 

Mingalar Mandalayは、旧マンダレー空港と、Mandalay Seagames Football Stadiumの間で73rd Streetに沿ったところにあります。マンダレーは、昔ながらの「Zegyo Central Business District」(ゼージョー)と、「Yaternapon Central Business District」(ヤダナポン)の大きく2つのビジネスエリアがありました。どちらも王宮(Palace)の前で、Mandalay駅を挟んで東西に位置しています。そこに、Mingler Mandalayが新しいエリアとしてできあがりました。

これがMingalar Mandalayの写真です。2014年12月に撮影しました。グランドオープンはしていませんが、ショッピングセンター「Ocean Super Centre」は既に営業をしていました。

Mingalar Mandalay Oceans

Ocean Super Centerに入っているテナントはこんな感じです。日本料理をミャンマーで展開している「Shabu-shi」もあります。このお店は入店待ちで長蛇の列でした。

Mingalar Mandalay Oceans

Mingalar Mandalayの住居エリア Mingalar Manadalay Residentsです。ビル毎でテーマカラーが違っていて、実にカラフル。このレジデンツはシンガポールのデザイン事務所が手がけたそうで、募集後すぐに完売したそうです。

Mingalar Mandalay Residents

 

2014年12月現在、Mingalar Mandalayの横に「NOVOTEL HOTEL Mandalay」を建設中。鉄パイプでなく木製の足場がミャンマーっぽくて良いですね。すこし斜めっています。そのせいか、まっすぐ鉄筋コンクリートが打たれているのか、心配になります。

Mandalay Novotel Hotel

 

ぜひマンダレーに来たときは立ち寄ってみてください。
 

Mingalar Mandalay ウェブサイト
http://www.mingalarmandalay.com/

ヤンゴンのPOWER LIGHT

ヤンゴンにはナイトクラブはたくさんあります。JJやエンペラーのようにいわゆるKTVで、女の子を選んで一緒にカラオケを楽しみ、交渉次第では連れ出すこともできるところ。POWER LIGHTはダンスフローのあるナイトクラブです。

ヤンゴン POWER LIGHT

ここは、足の細い女性がたくさんいるナイトクラブです。ミャンマーと言えば、ロンジーを履いた少し田舎くさい女の子が多いのです。しかし、このPOWER LIGHTは、韓流の影響なのか、ミニスカートで踊る女性が多いです。みてください。こんな感じ。

POWER LIGHTの女の子

好みの女の子がいたら指名して、一緒にご飯を食べてもOK。ご飯を食べるのなら、5000Ksぐらいチップを上げれば良いでしょう。連れ出すなら、60,000Ksぐらいを見ておけばOK。プレミア女の子は、お花代とかがかかるので、トータルで100,000Ksぐらいになる場合もあります。

このお店は、ステージが明るく、客席はくらいです。イチャイチャするのもできますが、どちらかというとショーを見ている感じですので、男同士だけでなく、女性を連れていっても大丈夫なナイトクラブです。OPENは2013年後半で、もう廃れているかもしれないですけど。。。