ようこそルビーランドのモゴックへ

ミンガラバー。今日はジュエルがたくさん採れるミャンマーのルビーランド、モゴック市について説明したいと思います。

「ルビーランドへようこそ」と書かれたモゴックの看板
ミャンマー国内におけるモゴックの位置

モゴック市はルビーの産地でマンダレー管区の都市であり、マンダレー市の北方から約200キロメートルとシェーボー市から約148キロメートルの北東にあります。

主にシャン民族が住んでいますが、他にカレン民族、ビルマ族、パロウン族、リス族、インド人などもいます。

環境と空気がとても綺麗なので、住みやすいです。また、冬は少し雪が降ります。

モゴック市遠景
モゴック市遠景

ルビーランドのモゴック市は名前の通り、ルビーの原石がたくさん採堀できます。サファイアも採れます。

モゴック産のルビーは世界的に評価が高いです。特に最高級品のPigeon’s Blood色のルビーなら何百万ぐらいの値段がします。

綺麗にスターが入ったルビー

これまでモゴック市は外国人の立ち入りを禁じていましたが、民主化になってから旅行でルビーマーケット(屋台式の市場)まで行けるようになりました。

皆さん、どうですか。世界的に品質の良い宝石を購入してみませんか。ミャンマーのモゴック市ならルビーだけではなくサファイア、ペリドット、スピネル、ジルコン、水晶を、翡翠などを1千円から安く買うことができます。

交通手段

マンダレーから高速バスで約5-6時間です。

マンダレーからモゴック市

この記事を書いた人

YeWinNaing

イエ・ウイン・ナイン、ミャンマー出身。日本に留学経験あり。 留学していた当時に寄稿いただいていました。

関連記事(同じタグをもつ記事)