ミャンマーの片田舎に土地を買おう

今回の出張では、マンダレー郊外のPyin Oo Lwin(ピンウーリン)に足を伸ばしました。
この町は、別名メイミョーと呼ばれ、ミャンマーの中でも高地にあるため、一年を通して涼しい気候です。
第二次世界大戦の時の軍事要塞だった街です。市内には、大統領の別荘や軍事大学が建ち並び、町並みは英国風です。

この町も地価が結構上がってきました。
主要住宅エリアは1エーカーあたり8万ドルとのこと。

けれども、Pyin Oo Lwinダウンタウンから車で20分ぐらいの郊外、Pyin Oo Lwin-Mongok Rd沿いでは、1エーカーあたり500ドル!

Pyin Oo Lwin-Mongok Rdの道端
Pyin Oo Lwin
コーヒー豆の畑
Pyin Oo Lwin

コーヒー豆を栽培したり、

畑に苺が実っている
Pyin Oo Lwin

イチゴを栽培したり、

桜が咲いている
Pyin Oo Lwin

春は桜を楽しんだり。

電気も水もない。周りは赤土の荒野で誰も住んでない。今すぐ土地の値段が上がるわけでもない。
そんな土地ですが、なんだかワクワクしますね!
土地を買って、ボーダー柵を作ればよいだけ。あと20年してリタイアしたら戻ってこよう。

ちなみに、こちらは、やや市街に近い、農地として使える場所。
12エーカーで、8万ドルだそうです。
2/12 UNION DAYから外国人も土地を買えるようになったらしいですが、もしかするとガセネタかもしれません。

Pyin Oo Lwin の、緑の広がるのどかな景色
Pyin Oo Lwin

この記事を書いた人

ToriJun

「ミャンマー切り抜き職人」サービスを提供するノシクミ株式会社の代表取締役。年に数回、ビジネス目的でミャンマーに渡航しています。

関連記事(同じタグをもつ記事)