画像切り抜きサービス「20円~」の、「~」のこと

弊社サービスでは料金メニューのなかに「20円~」のような、はっきりしない書き方をしている部分があります。
どういうときに20円で、どういうときにもっと高くなってしまうのか、気になりますよね!!(注:本記事は2019.12に定額メニューに改定する前の記事です)

時間がかかるものは料金があがる

ミャンマーのスタッフにきいて、時間がかかるものは高い料金にしてあります。
どのような画像が時間がかかるかというと、、、

  • 影が入っている写真。写真がぼやけていると切り取る線がわかりにくいため。
  • 1つの写真で複数パターンの作業が発生する場合。(楽天用/ZOZO用/Amazon用とか)
  • 紐とか、2つの物の間を切り抜くとき。
  • 動物、髪の毛
  • ざるなどの、網になっているもの

自分はそんな手慣れてないけど、時間がかかりそうなのわかる気がします!先日アップした、ミャンマーの切抜き職人と私とで比較した記事でも、影になっている部分は自動選択してくれなくて、輪郭がはっきりせず切り取りづらかったですから。

じゃあ逆に安いのは

逆にこういうのは簡単だそう。

  • 化粧品とかの、物(not 生き物)

これもわかる気がします。お皿とか、果物とか、輪郭がはっきりしてて自動選択ツールで一発で切り抜けたりするので私でもとても簡単。

あとは、髪の毛のある人の画像(アパレル)でも、長年注文くださってて慣れてるお客様のだと、簡単みたいです。形式とか、モデルさんの感じとかに慣れてくるとやりやすいとかあるんですかね。

この記事を書いた人

JPstaff-01

「ミャンマー切り抜き職人」サービスを運営するノシクミ株式会社の日本オフィスに勤務する、新人Webデザイナーです。ミャンマーに学校をつくる活動をしている友人(ミャンマー人)に誘われてミャンマーに遊びにいき、ミャンマーの仏教的な価値観に興味をひかれるようになりました。

関連記事(同じタグをもつ記事)