ミャンマー参入の意義

ミャンマーにはコンピュータ系の大学が25あって、この18年で4万人弱ぐらいが学位を取りました。これは、年間3000人ぐらいしかIT系の学位を取らないということでもあります。
そんな現状でNTTデータとかは5年で500人採用とか言って、そりゃ計画通り行かないのは当然。けどODAなので、計画通りやらんと日本国の信頼失墜。なので無茶する。そこに、日系だけでなく、諸国の企業が参戦しています。

人件費はアホみたいに急騰していますが、人材のスキルは急騰するわけありません。だからもう人材の争奪戦が始まってます。ローカル企業の猛反発も始まっています。敬虔なる仏教徒というバックグラウンドもあります。
さてこのあとどうなるでしょう。

日系もたくさん参入しはじめています。人材確保にモチベーションを見いだしている日系企業は少なくないはずですが、人材確保としてだけミャンマーを見ると失敗は見えています。

この記事を書いた人

ToriJun

「ミャンマー切り抜き職人」サービスを提供するノシクミ株式会社の代表取締役。年に数回、ビジネス目的でミャンマーに渡航しています。

関連記事(同じタグをもつ記事)

納期

今すぐご依頼いただくと

までに納品いたします。

友だち追加

ご利用事例

コラム

コラムをもっと見る

営業カレンダー

  • Facebook
  • Twitter
  • はてな
  • LINE
  • コピー

    ページタイトルとURLがコピーされました