森に囲まれた静かで美しい町、ロイコー市、カヤー州

こんにちは。イエ・ウイン・ナインです。今日は私の出身地ロイコー市をご紹介します。

ロイコー市を簡単に紹介すると、周りが森山で町の真ん中にビルチョウンという川が流れている、静かでとても綺麗な町です。

ロイコー市の看板

民族

主にカヤー民族、パオ民族、シャン民族、カヤイン民族、ビルマ族、首長族と10族以上の少数民族が住んでいます。

カヤー州の日

毎年、1月15日はカヤー州の日です。たくさんの人が集まって、屋台や有名なタレント、歌手を呼んでお祝いします。

その時、年に一番最初に収穫したお米で作ったカウイェーという酒(匂いがビールっぽいけど、味が違う)とカヤー民族自慢のソーセージが食べられます。

また、民族の日常生活を演じる踊りや歌などを見ることが出来ます。

モークオボエー(雨が降るよう祈る祭り)

4月と5月の間に行われている行事です。雨が降る事を願いながら踊ります。

デイクー祭り

毎年の9月から10月の間に行われています。村によって日が違います。田植えの成功という意味、また、日本の節分豆まきと同じ意味です。

有名スポット

町の真ん中にあるミョナンパゴダ

ミョナンパゴダ
ミョナンパゴダ

タウンクエーパゴダ

タウンクエーパゴダ

ナウンヤ湖

ナウンヤ湖

ローピタ滝

ローピタ滝
ローピタ滝

ティセーカ滝

ティセーカ滝
ティセーカ滝

ロイコー市と日本の接点

ロイコー市はミャンマー全国の致命である、水電力の工場を三つ(一つは2011年に作った)もっています。その工場は戦後日本がミャンマーへの弁償と補償として作ってくれたものです。そのおかげで、当時のミャンマーは初めて電気が使えるようになったと言われています。

水電力の工場を描いた絵画
水電力の工場を描いた絵画
水電力の工場を上空から写した写真
水電力の工場を上空から写した写真

また、日本が作ってくれた橋もあります。ちなみに、私のおじいさんもその工事に参加しました。

有名な食べ物

カウイェーとカヤーソーセージ

カウイェーの飲み方の説明

お土産

手作りのカヤー布、銅と銀のアクセサリー

カヤ―布を織っているところ
カヤ―布
カヤ―州ロイコー市のお土産アクセサリー
銅と銀のアクセサリー

観光ビザ

2011年までは外国人観光客立ち入り禁止でしたが、今は訪れる事が出来るそうです。

交通案内

ミャンマー国内線で約一時間の距離ですが、週に二便しかないです。路線バスの場合はヤンゴンから18時間ぐらいかかりそうです。

この記事を書いた人

YeWinNaing

イエ・ウイン・ナイン、ミャンマー出身。日本に留学経験あり。 留学していた当時に寄稿いただいていました。

関連記事(同じタグをもつ記事)