ヤシの木(タン・ピン)

こんにちは。皆さんはミャンマーの旅行中にヤシの木を見かけましたか。

ヤシの木

特に、ミャンマーの中部である、マンダレー、バガン、タージー、ミッティラー辺りに行くとよく見られると思います。また、この木は暑い地方の象徴でもあります。

さあ、この木がどのようにミャンマー人にとって大事なのかを説明します。

まずはヤシの葉です。

ミャンマーの中部ではヤシの葉を屋根や壁として使います。夏は涼しくて、雨が降っても水は漏れないです。

ヤシの葉でつくられた屋根

次はヤシの実です。実はジューシーでゼリーのような食感で甘いです。長く雨が降らない時、牛や豚などの餌にもなります。(写真の実は熟成し過ぎて食べれません)

熟しすぎたヤシの実
実を割ったところ(白い中身が露出している)

最後はヤシの花です。ヤシの花は2〜3月に咲き始めます。

花の咲いている枝を切ってヤシの汁を壺で受けているところ

花の咲いている枝を切ってヤシの汁を壺で受けます。その汁はミャンマーのジュース、黒砂糖と酒の素材となります。

ヤシのジュースは木からとった汁の事です。非常に甘くて美味しいです。

黒砂糖

黒砂糖は汁を釜に入れてグラグラ煮詰めます。汁は茶色になって濃くなります。濃くなったら、弱火にしてスプーンを使って欲しい型にします。

ヤシの木から作った黒砂糖

ヤシの木から作った黒砂糖は100%自然派物で健康に良い、民家薬や料理に使います。(僕は時季外れに行ったので黒砂糖の作り方の写真がないです)

ヤシの酒

ヤシの酒をつくるには、汁を壺で受けたあと、壺の中に発酵する物(米のとぎ汁と少量の石灰)を入れて木の上に1日置きます。その後、醸造します。

ヤシの汁を壺で受けている様子
ヤシの汁の入った壺を木の上に置きに行く様子

ヤシの木は自然がくれたミャンマーの宝物だと思います。

ヤシの木が生えている遠景

この記事を書いた人

YeWinNaing

イエ・ウイン・ナイン、ミャンマー出身。日本に留学経験あり。 留学していた当時に寄稿いただいていました。

関連記事(同じタグをもつ記事)

納期

今すぐご依頼いただくと

までに納品いたします。

友だち追加

ご利用事例

コラム

コラムをもっと見る

営業カレンダー

  • Facebook
  • Twitter
  • はてな
  • LINE
  • コピー

    ページタイトルとURLがコピーされました