Ye Win Naing のすべての投稿

ミャンマーの得度式(僧侶になる出家の儀式)

こんにちは。今日はミャンマーの得度式について書きたいと思います。得度式は仏教徒のミャンマー人にとってとても大事な式です。息子を僧侶にさせることが、人生最大の功徳をつむことなので、結婚式より大切だと思っている人もたくさんいます。

image

ミャンマーでは仏教徒の男性であれば、二十歳になる前に必ず一度僧侶になります。本人の意思ではなく、親が自分の子供を早めにお釈迦様と僧侶の修行や教えに理解してもらいたいという目的で得度式を行って僧侶になり、僧院で生活するようになります。僧侶でいる間は、僧院で生活しながら、お釈迦様の教えと修行などをしなければなりませんので、最低限自分の世話を自分で出来る五・六歳が求められています。僧侶としての期間は一番短くても3日と3ヵ月または本人によって一生僧侶としての修行を続ける場合もあります。

image

 

image

得度式は男性だけ行うことができるとは限らないです。女性の場合は尼さんになれます。尼僧院に住んで僧侶と同じ様な修行をしなければなりません。

image

得度式を行う時は招待状などを配ります。しかし、招待状がなくても参加できます。地方などでは町や村中の人たち が参加して、手伝ったりします。得度式は最低でも三日はかかりますので、ミャンマーの人々は新婚の時から得度式のために貯金しています。また、お金が無い家族のために村や町の人々がお金を集めて大きな式を行ってくれます。

得度式は毎年の三月と四月に全国的に行われています。

 

タバウンの満月祭り

皆さん、こんにちは。イエ・ウイン・ナインです。今日はタバウンの満月祭りについて書きたいと思います。

タバウンとは三月の事で、ビルマ暦の最後の月であり、インジンの花やたくさんの花の満開の時期でもあります。

image

image

タバウンの満月祭りはロウソクの光でお釈迦様を迎える祭りです。満月の日に当たて、全国各地のパゴダに参拝客が自分の誕生日の数(21歳なら21本のロウソク)を備えて、その光でお釈迦様をお迎えします。シェーダゴンパゴダやチャイティーヨーパゴダ、バガンなどに約1千から1万本のロウソクをつけて備えます。ダパウンの満月の夜空はロウソクの光でものすごく輝いています。

image

パオ民族やシャン民族が多いタウンジー市、アウンバン市、ピンラウン市やロイコー市では、満月の夜は他の県と同じくロウソクの光でお釈迦様をお迎えますが、昼は僧侶や尼さんにお米のお布施をします。

image

 

image

image

 

有名なパゴダのタバウン満月祭り

チャイティーヨーパゴダ

シェーダゴンパゴダ

ポッパータウンカレパゴダ(バガンから車で約3時間)

ロイコー市、カヤー州

こんにちは。イエ・ウイン・ナインです。今日は私の出身地ロイコー市について書きたいです。簡単に紹介するとロイコー市とは周りが森山で町の真ん中にビルチョウンという川が流れていて、静かでとても綺麗な町です。

image

民族

主にカヤー民族、パオ民族、シャン民族、カヤイン民族、ビルマ族、首長族と10族以上の少数民族が住んでいます。

image

カヤー州の日

毎年の一月15日はカヤー州の日です。たくさんの人が集まって、屋台や有名なタレント、歌手を借りて祝いします。その時、年に一番最初に収穫したお米で作ったカウイェー(匂いがビールぽいけど、味が違う)いう酒とカヤー民族の自慢のソーセージが食べられます。また、民族の日常生活を演じる踊りや歌などを見ることが出来ます。

image

モークオボエー(雨が降りますように祈る祭り)

4月と5月の間に行われている行事です。雨が降る事を願いながら踊ります。

image

デイクー祭り

毎年の9月から10月の間に行われています。村によって日が違います。田植えの成功という意味、また、日本の節分豆まきと同じ意味です。

image

有名スポット

町の真ん中にあるミョナンパゴダ

ミョナンパゴダ

image

タウンクエーパゴダ

タウンクエパゴダ

ナウンヤ湖

image

ローピタ滝

image

image

ティセーカ滝

image

ロイコー市と日本の接点

ロイコー市はミャンマー全国の致命である、水電力の工場を三つ(一つは2011年に作った)もってます。その工場は戦後日本がミャンマーへの弁償と補償として、作ってくれたものです。そのおかげで、当時のミャンマーは始めて電気が使えるようになったと言われています。また、日本が作ってくれた橋もあります。ちなみに、私のおじいさんもその工事に参加しました。

image

image

有名な食べ物

カウイェーとカヤーソーセージ

image

お土産

手作りのカヤー布、銅と銀のアクセサリー

image

image

観光ビザ

2011年までは外国人観光客立ち入り禁止でしたが、今は訪れる事が出来たそうです。

交通案内

ミャンマー国内線で約一時間の距離ですが、週に二便しかないです。路線バスの場合はヤンゴンから18時間ぐらいかかりそうです。

水掛け祭り(ティンジャン祭り、或いは、新年のお祭り)

こんにちは。イエ・ウイン・ナインです。今日はミャンマーの新年祭りについて書きたいと思います。ミャンマーの多くのお祭りは仏様の信仰に深く関わっており、ほとんどは毎月の満月の日に開かれます。その中でミャンマーの代表的なお祭りと言えば水掛け祭りです。

image

水掛け祭り(ティンジャン祭り、或いは、新年の祭り)

新たな年をお迎えするミャンマーの最大祭りです。祭りの由来はヒンドゥー教からだと言われ、バガン時代から行われており、伝統的なお祭りです。毎年の四月13日から16日までは人に水を掛けて、17日は新年となります。地方によって少し違いますが、私の出身地では17日の夕方6時まで掛けます。マンダレーの水掛け祭りは全国で一番有名ですが、ネピドーとヤンゴンもとてもにぎやかだと思います。水掛け祭りではミャンマーの伝統的な踊り(水のような踊り)が見れます。

imageimage

水を掛ける理由

簡単に言えば水は涼しく汚れや火を取り消せます。それと同じ意味でミャンマーの人々は思いやりの心をこめた水を使って相手の悩み、苦しみという心の悪火を取り消せるため、また、旧年の不幸や汚れをその水で流して綺麗にが体で新年をお迎えするためです。しかし、パゴダやお寺へ行く人々、お年寄りの方、任婦、僧侶と尼さんに水を掛けません。

image

お布施と新年

13日から17日にかけて、ミャンマーの人々はお布施をします。また、誰でもパゴダ、お寺と水掛けるステージへ行ったら、モヒンガー、モレーサウン、シェインエー、モロンイェポー(団子)などを無料で食べられるます。私の実家では一週間前から皆を集めて、お布施の準備や水掛けるためのステージの作りでとてもにぎやかです。お正月の日17日では、若者達(15歳〜25歳)は老人ホームなどに行って洗髪をしたり、爪を切ってあげたり、また、お寺やパゴダの掃除、生き物を自由にしてあげたり、などの様々な功徳になる事をします。ミャンマーの中部の方では、里の皆がお金を集めて殺されそうな牛などを買って自由にしてあげる行事もあります。

20130802_105341

シェインエー

image

水掛け祭りの代表的な花

水掛け祭りの時期になるとミャンマー全国ピダウ花の木さえあれ、花の満開の状態が見れます。そして、非常に良いに香りがしますので、花が見えなくても香りから「ピダウの花だ」とすぐに分かります。しかし、ピダウの花はすぐに咲いてすぐに枯れてしまいます。でも、その花が皆に愛されています。なぜなら、水掛け祭りの歌、詩、映画とドラマによく使われています。

image

 

image

追加です。もし、花見や登山が好きな方なら是非私の実家、ロイコー市へ遊びに来てください。山へ登りながら、珍しい蘭の花が見れます。四月の頃ならもう咲いております。

image

 

 

美味しいビルマ料理

ビルマ料理は日本と同じように主食、二つ以上の副菜とスープを家族の皆で一緒に食べます。主食はご飯でタミンと言います。ヒンとは副菜の事で、ヒンイェー(アイェー)はスープの事です。

1セットのミャンマー料理

ビルマ料理の油が多い理由

ビルマ料理とは基本的に濃い味で多少辛いです。そのため、ビルマ族の人々は料理を作るときたくさんの油を使って、その辛さを納めているそうです。チェターアルーネッヒン(鳥肉じゃが)

 

 

ビルマ料理の調味料

ミャンマー全国でよく使われている基本的な調味料はニンニク、タマネギ、ショウガ、唐辛子、マサラー(インド風のスパイス)、魚醤とガピ(エビや魚を発酵した味噌)などです。

基本的な調味料

 

三十分で作れる代表的なビルマ料理チェアルーネッヒン

材料はじゃかいも5個、鳥肉は200g、ニンニク・タマネギ・ショウガ・唐辛子・ガピとマサラーは好きな量で良い、魚醤の量は大さじで一杯入れます。注意:ガピと魚醤はしょっぱいので、塩は少ししか入れません。

image

まずはニンニク、タマネギ、ショウガと唐辛子を叩き和え用の器具(すり鉢のような物)に入れて叩きます。

image

それができたら、じゃかいもを大き目に刻んで、鳥肉と一緒に鍋の中に入れます。そして、油と調味料を全部入れて、水を少し入れます。

image

 

image

三十分後、とても美味しいビルマの人気料理チェアルーネッヒンができます。

image