ミャンマーのATM

ミャンマーにはATMがたくさんあります。VISAカードやMASTERカードも受け付けてくれて、ミャンマーチャット(Ks)で海外キャッシングすることもできます。今までは、米ドル(新札)に両替して、それをミャンマーで更にミャンマーチャットに両替する場面も多かったですが、これほどたくさんのATMがあるのであれば、USDもMMKもゼロでヤンゴンに降り立っても良いでしょう。

でも、ミャンマーでATMが使われるようになったのは2014年夏頃からです。

この写真は、ミャンマーICTパーク(MICTパーク)内にあるATMです。2013年終わり頃に撮影しました。UAB(United Amara Bank)、AYA Bank、CB Bank、AGD Bank、KBZ Bankと主要6銀行のATMが並びます。が、、、ガラガラですね。誰一人ATMを利用している人は見たことがありませんでした。ミャンマースタッフによると、そもそも財産没収や銀行倒産などがよくあったこと、1ヶ月に引き出せる金額は小さかったことから、銀行に預ける習慣がなかったということでした。

ミャンマーATM使われてない

CB Bank (Cooperative Bank)は三菱東京UFJ銀行と、KBZ BANKは三井住友銀行と業務提携している銀行です。KBZ Bankが最大手。もともとはKBZは翡翠の会社で、その後多角化し、航空会社(KBZ Air)なども経営しています。

ところが、2014年9月、状況は一変しました。

ミャンマーICTパークには、NTT Data、Ooredoo、ACE Datasystem、MITなど、ミャンマーのIT関連の一流企業が入居しています。そのためでしょうか。ランチタイムや就業時間後にATMに使いたい人たちが列をなしています。

ミャンマーのATM

2014年夏頃、各主要銀行がモバイルバンキングを始めたことも大きな原因でしょう。ATM看板の色がかなり偏食していることから、ガラガラ写真の時から、半年以上経過しているのが分かるかと思います。ミャンマーの雨期は雨が多く湿度が高いですからね。

つい2014年はじめまではATMがあっても意味をなさなかったミャンマーに、一気に「銀行を使う」という習慣が芽生えました。ミャンマーは長い間、軍事政権下で抑制され、他の国で普通にできることができなかった。それ故、生まれ変わりたいという意志が強いのかもしれませんね。

 

2月13日未明、大韓航空とバンコクエアウェイズが衝突

ニュースによると、昨日(2月13日金曜日)未明、ヤンゴン空港で大韓航空とバンコクエアウェイズが衝突したそうです。大韓航空の両翼が、バンコクエアウェイズの尾翼にあたって破損したとのことでした。大韓航空はAirBus A330、バンコクエアウェイズはAirBus A320のはず。A330とA320の大きさの差のせいなんですね。

100人以上が大韓航空機に乗っていたと言います。インチョン行きのKE472便なら24時ちょっと前の出発の予定ですが、何かの原因で遅れていたのでしょうか。

最近何かと話題の大韓航空ですが、13日の金曜日でやらかしちゃいましたねぇ。最近飛行機事故に敏感です。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2015/02/13/0800000000AJP20150213002300882.HTML

ミャンマーの祝日 UNION DAY (2月12日)

本日2月12日は、UNION DAY(ユニオンデー)という祝日で、ミャンマーはお休みです。
このUNION DAYは、旧ビルマ(ミャンマー)の完全独立のため、Panglong協定を締結した記念日です。

ミャンマーは100年以上にわたって英国(イギリス)の植民地でした。1948年1月4日に、完全な独立を達成した後、1947年2月12日にPanglong協定が結ばれました。その目的の1つは、ミャンマー国内の民族間の平等を促進することだったそうです。

英国の植民地時代に人種虐待や差別をうけましたが、このPanglong協定締結によって、ミャンマー国民が団結し、国家として成立することになったそうです。

Panglong協定は、国家の指導者アウンサン将軍と彼の信奉者が、民主的な政府にするための法律を決めたものです。しかし、契約締結後まもなく、アウンサン将軍が撃たれてしまいました。

ミャンマーのマイルドセブン(たばこ)

名前が「メビウス」になって久しいマイルドセブンですが、ミャンマーでは旧名称マイルドセブンのママで販売しています。

ミャンマーのマイルドセブン

ミャンマーでよく見かけるたばこはRed Rubyですが、このホテルでは備え付けのアメニティボックスの中にマイルドセブンが。久々にマイルドセブンのロゴを見たので嬉しくなって購入しました!

マイルドセブンORIGINAL BLUEというやつですね。日本では聞いたことのない銘柄です。

外箱の横を見てみると、そこには「JT」の文字が。ただ、JTに続く文字がビルマ語で読めませんから、本当にJT製なのかどうか分かりませんね。一応納税のシールもついています。

ミャンマーのマイルドセブン

マイルドセブンは1箱3000Ksでした。ホテルなんでこの値段なんでしょう。ミャンマーでマルボロなどのたばこはだいたい2000Ks〜3000Ksです。一昔前の日本の値段と同じです。

ただ、ミャンマーで買うたばこは注意してください。ニセモノの粗悪品も出回っています。雑草ぐらいなら良いですが、雑草の中にも気持ちよくなってしまう雑草もありますから。危険ドラッグの類いはコスト高になってしまうので、そういうニセモノは少ないかと思いますけど。JJやエンペラーなどのナイトクラブ(KTV)で売ってるたばこ、街角で販売してるたばこは気をつけましょう。「昔はヤンゴン空港にある免税店だけが本物を扱ってたよ」と、ビジネスパートナーのミャンマー人はよく言います。

なるべく、日本で免税品を購入して持ち込むことをお勧めします。

クローバーホテルのデラックスルーム

2015年1月の出張でもクローバーホテルに滞在しました。前回はスーペリアルームでした。

前回の記事はこちらを参照
2014年9月6日 クローバーホテル (clover hotel yangon)

AGODAで調べてみると、「スーペリア」ルームと「デラックス」ルームの料金差が400円だったので、デラックスルームに宿泊することにしました。

クローバーホテルのスーペリアルームとデラックスルームの違いは「無駄な広さ」。スーペリアルームも充分広く、一人ではもてあますぐらいなのですが、デラックスルームはそこにソファーがついてリビングルームのスペースがついています。

宿泊した部屋は102号室でした。Ground Floor、1st Floorとなるので、102号室でも日本で言う2階に当たります。

なんだか広すぎて逆に落ち着かないクローバーホテルのデラックスルーム。このソファーは脱いだ衣服置き場になってしまいます。

IMG_2060

ソファーに座ると、まあ、リラックスできそうな気もしますけど、、、テレビが小さく、ソファーにオットマンもないし、寝っ転がるにはソファーが小さいし、、、で、どうも落ち着きません。

クローバーホテルのデラックスルーム

結論
ビジネスならスーペリアルームで充分です。グループ旅行で、1部屋に集まって騒ぐならデラックスルルームを予約しましょう。

ヤンゴンの居酒屋「新橋横町」

2014年12月にオープンしたばかりの日系居酒屋「新橋横町」に行ってきました。ヤンゴン市内は日本料理屋が100店舗以上でき、乱立状態にあります。美味しいかマズイかというと微妙なラインで、料金は日本とあまりかわらない。なので、OPENしたら行ってみるけど2回目はない、と言うお店が多いのは事実です。が、この「新橋横町」は美味しかった!なので、少しだけ店内の雰囲気をご紹介します。

2015 01 30 20 53 10

エントランスはこんな感じ。ラーメン・焼き鳥・たこ焼きの赤ちょうちんがならび、新橋横町の大きな看板がどーんとあります。

2015 01 29 19 45 49

店内はまさに新橋のガード下の雰囲気。飯田社長に聞くと、わざわざ天井を作って低くして、そういう雰囲気を出したんだとか。ミャンマーには娯楽が少ない。ましてや、外国人である駐在さんが楽しめる場所も少ない。来店して楽しんでもらえるようにとエンターテイメント性を出したんだとか。

2015 01 29 19 48 12

メニューはこんな感じ。ミャンマーチャット(Ks)単位なので、一桁多い感じがしますね。だいたい10Ks=1円なので一桁落とせば円換算になります。ウーロンハイ3500Ks(350円)、コーラ800Ks(80円)、、、

特筆すべきはビールの安さでしょう。日本人経営のお店も含めて、ミャンマービール1本3000Ksが普通です。ここはその半分の1500Ksです。

アサヒビールもありますよ!タイのアサヒビールなので、ちょっと味が違いますけど。

2015 01 29 21 20 36

あと、ホッピー4300Ks(中2000Ks、外2300Ks)!!ミャンマーでホッピーが飲めるのはココだけですよ。飯田社長曰く、ホッピーは酒ではないのに酒として扱われてしまうので輸入がたいへんで、ハンドキャリーでもってきているとのことでした。1回のハンドキャリーで50本。持って来れないときはホッピーを出せない、と仰ってました。

新橋横町の前には「銀座」というクラブもあります。日本人好みの女の子が揃ってます。新橋で食べたら、道路渡って、銀座でカラオケ。次の出張でもお世話になる予定です。

どの都市を経由してミャンマーへ行くか

ミャンマーはとても魅力的な国で、ヤンゴンは楽しむところがたくさんあります。けれども、ミャンマーへの出張を重ねていくと、ほとんどのものに飽きてしまい、「飲みいくだけ」の毎日になってしまいます。実際、ヤンゴンは2泊3日滞在は長すぎるぐらいのコンテンツ量だと思います。

そこで重要なのは、ANA直行便(NH913/NH914)を使わず、あえて経由便を利用し、経由地でひと休みしたり観光したりも良いのではないでしょうか。この記事では、経由便で行くヤンゴンを調べてみました。

王道のバンコク経由ヤンゴン行き

やはり王道のバンコク経由。夜行便、昼行便両方が出ていて、JAL、ANA、タイ国際航空(TG)とたくさんの航空会社から選べるのも特徴です。東南アジアではずば抜けて発展しているし、仕事も遊びも観光も全てそつなくこなすバンコク。もしも選ぶなら、Bangkok Airways(PG)の便を使うチケットにしましょう。というのも、Bangkok Airwaysはエコノミークラスであってもラウンジが使えます。朝5時にバンコクについて、ヤンゴン行きは8時や9時。それまでロビーでボーッと待つよりは、ラウンジでコーヒーでも飲みながら待ちたいですよね。

Bangkok Airwaysのラウンジについてはここをご覧ください

国の違いがありすぎるシンガポール経由ヤンゴン行き

少し遠回りになるルートですが、シンガポール経由でヤンゴンに行きます。シンガポール航空は少し高めですが、料理も美味しいし、サービスレベルも非常に高いので、JALやANAと何ら遜色ありません。ただ、物価の差が激しすぎるので、少しびっくりします。カニを食べて1人200ドルいったかと思えば、その金額はヤンゴンで大卒の一ヶ月の給与だったりします。ヤンゴンだけでなく、マンダレーも行く人はシンガポール経由のほうが便利でしょう。

シンガポールのコードシェア便(MI533便)でのマンダレーはこちらをご覧ください

ミャンマーの5年先を予見できるハノイ・ホーチミン経由ヤンゴン行き

バンコク並みに発展を遂げるベトナム。ベトナムは南北に縦長の国なので、ハノイとホーチミンは人柄も考え方も大きく違うそうです。わたしは暖かいホーチミンが好きです。ベトナムはフランスの統治下にあったため、料理がとても美味しい。その上、カワイイ雑貨が多いのでショッピングで回っても良いです。夫婦やカップルでヤンゴンに行くなら、ホーチミンを経由しても良いですね。朝東京を出て、夕方前にホーチミンに着き、観光して1泊。翌日の11時頃の飛行機でのんびりヤンゴンに向かうのが、あくせくせずにちょうど良い感じです。

ベトナム航空でハノイ経由ヤンゴン行きはこちらをご覧ください

滞在時間を長くとれる香港経由ヤンゴン行き

キャセイパシフィック&香港ドラゴン航空でいく、香港経由ヤンゴン行きです。実はお勧めです。というのも、まず航空券が安い。公式サイトでの購入で、サーチャージ込みで6万円程度です。また、羽田を16時頃出発し、ヤンゴンに深夜12時前後に到着できます。帰りのフライトは、現地出発は深夜1時過ぎです。つまり、出発の日は午後一番のMTGまで社内にいて羽田に急行すれば間に合いますし、帰りはヤンゴンで飲んで踊って充分満喫した後のフライトです。帰りのフライトで香港で一時入国すれば、ヤンゴン丸2日+香港1日遊ぶという余裕のあるスケジュールを組むことができます。

AirAsiaで低コストで行くクアラルンプール経由ヤンゴン行き

ゴメンナサイ、こんなタイトルつけましたが、乗ったことないです。AirAsiaはLCCの中では機材も新しく、社内統制もしっかりしているし、そんなに遅れたりすることもないようです。しかし、仕事での移動でLCCを使うのはメリットを感じない。AsiaAsiaよりベトナム航空の方が安いし、ベトナム航空なら荷物も40Kgまで無料。ですから選択肢に上がらないです。ただ、クアラルンプールは是非行ってみたい。

北京経由ヤンゴン行き

まだ試したことのない北京経由。スターアライアンスに加盟している中国国際航空だから、スターアライアンスゴールド(スタアラゴールド)を目指すには良いかもしれませんね。北京での乗り継ぎ時間が中途半端なので、観光するなら1日滞在が必要です。

格安ビジネスクラスで行く上海・昆明(クンミン)経由ヤンゴン行き

中国東方航空MU2031便/MU2032便でいく昆明経由のヤンゴンです。東京からヤンゴンまでは、上海と昆明で乗り継ぎます。2回も乗り継ぎがありますので、移動時間がものすごく長いです。昆明と言えば「昆明石林」ですね。ドラゴンボールに出てきそうな中国っぽいイメージの名所です。ただ、昆明乗り継ぎで1泊必要の前提ですが、昆明市内から昆明石林にいくには滞在時間の関係でさらにもう1泊必要そう。中国東方航空は公式サイトで購入するよりも、HISやYahooトラベル加盟会社などで購入するとよいでしょう。航空券1万円台というのもざらです。もちろんサーチャージ(燃油代)は別途かかります。

経由地で1泊しなくちゃならない(乗り継ぎの悪い)台湾経由ヤンゴン行き

日本とヤンゴンの直線上にあるのが台湾。なので、台湾を経由すると無駄が少なく見えます。しかし、チャイナエアラインのフライト時間がイマイチです。台湾(桃園)からヤンゴンへのCI7915便は朝7時発、ヤンゴンから台湾(桃園)へのCI7916便は16:10着。残念ながら、同じ日の乗り継ぎで東京へ向かう便はありません。ですので、台湾で、行き・帰り共に1泊する必要があります。台湾は食事が美味しいので、食べ歩きにはもってこいかもしれませんね。ちなみに、公式サイトでの航空券プライスは、東京・ヤンゴン往復でエコノミークラスで4万円、ビジネスクラスでも8万円と、航空券がとても安いのが魅力です。

ヤンゴン名物、ドリアンのアイスクリーム

ドリアンのアイスクリームがミャンマーの名物とは言い過ぎですね。

ドリアンは強烈なニオイを放つフルーツです。イボイボしてて、見た目もそれっぽい。包丁で切った日には、周囲100mにニオイが広がります。なので、ホテルやレストラン、飛行機は持ち込み禁止なところが多いです。

ドリアン

でも味は天下一品!ニオイを堪えて口に入れればとてもおいしい。

ミャンマーではドリアンは大変高級なフルーツ。贈り物にもつかわれ、もらった人はみんな喜びます。

最近ヤンゴン市内で流行ってるアイスクリーム屋さんがドリアンのアイスクリームを食べさせてくれるのでいってみました。

見た目は、普通のバニラアイス。
でも、臭いはうっすらドリアン。
食べると、おおーーまさしくドリアン。

ドリアンのアイスクリーム

お店の名前は、、、ビルマ語なので全く読めませんでした。
お土産を買ったときの箱をアップしますので、
これをタクシードライバーに見せればきっと連れてってくれるでしょう。
場所は、ヤンゴンのカンドージー湖の東の方です。
つぎにヤンゴンに言ったときに調べようと思います。

2014-08-29 14.34.51

ミャンマーTelenorのSIMカードをSIMフリーiPADで使う

ミャンマーの携帯業界は、国営のMPT一社独占であったため、SIMカードも高価、通信料も高価、その割に通信速度や品質は低いと言う状態でした。それが、昨年のTelenorとOoredooの参入によって競争が激化し、今までの1/20以下の金額でSIMカードを買うことができるようになりました。

TelenorとOoredooの外資系携帯電話会社どちらがよいか、と言うところで言うと、今のところ大差はなさそうです。

Ooredooの方が先にサービスインしたためエリア的に先行しているイメージがありますが、通信料が最大150ドルと非常に高く、その割に通話エリアが狭かった印象があります。150ドルは、現地で言えば、大学卒業の初任給です。ヤンゴンの平均月収でもあります。つまり、日本で生活している感覚だと、通信料が20万円とか25万円である感覚です。

さて、TelenorのSIMカードを購入して、イギリスで購入したSIMフリーiPAD(iPAD3)に刺し、ミャンマーでモバイル通信をしてみました。

TelenorのSIMカード購入

Telenor Myanmar SIM

近くのTelenorショップでSIMカードを購入します。最近は、SIMカードだけ購入する人が多いとのことで、初回10,000Ksのプリペイドカードの購入などが販売条件になっています。状況は日々変わると思いますので、購入時に店舗に確認してください。

TelenorのSIMカードを購入すると、SIMカードとnano SIMカードの両方が入っています。ですので、購入すれば、iPADにそのまま刺すことができます。

Telenor SIMカードのアクティベーション

まず、SIMカードを購入した後に、アクティベートする必要があります。これは、一度電話の発信をすることによってアクティベートすることができます。これをしないと、そのSIMカードを利用開始したことにならないので、利用ができません。

iPADには電話機能がありません。なので、iPADだけではアクティベートができません。 そこで、知人の携帯電話に刺して、一度通話してもらう必要があります。 お店で購入したなら、お店の人に依頼して、その場でアクティベートしてもらいましょう。

Telenor の通信APN設定

iPhone/iPADの設定で、「モバイルデータ通信」を開きます。そして、下記の通りに設定します。

APN:  telenor ユーザ名: internet パスワード: (入力不要)

APN設定周りは、3Gの規格やプロトコルなんでしょうが、キャリアとの通信などなどが発生してすぐうまくいかないことが多いです。設定終わったら再起動をしてみてください。うまくいくと、下の画像のように、左上のキャリア部分に「Telenor 3G」と表示されます。(私のiPADはiPAD3で米国内だけLTE対応している機種ですので、最新の機種だとどう表示されるかは分かりません)

TelenorのAPN設定

スピード・エリア

やはり、MPTに比べるとエリアはまだまだ狭いです(2014年12月現在)。ホテルでは室内の場所によっても通信できる場所・できない場所があったりします。外でもHSDPA通信できない場所も多く、それなりにストレスはあります。

ヤンゴン市内は、バハンあたりは電波状態が悪く、通信はできないことも多かったです。タクシーで渋滞にはまっているときにこそネットは役立つものなので、今後の改善に期待です。

電波状況が悪くなってくると、「Telenor E」と、E印がつきます。EDGEの意味で、2.5Gとかも呼ばれる状態です。画像が多いページなどは、遅すぎて、ほとんど開きません。画像が少ないページというのは20年ほどまえのページのことですから、繋がってないも同然です。この状態は頻繁にあります。

スクリーンショット 2015 02 02 17 58 12

それより電波が悪くなると、消えます。電波自体はバリ5なんですがね。。。

スクリーンショット 2015 02 02 17 58 24

テザリングについて

Telenorの料金プランにも寄るのでしょうが、私の使っているプランではテザリングは許可されていないようでした。そのため、iPADの「インターネット共有」画面はメニューが表示されず、設定ができませんでした。もしかしたらできるのかも??情報ありましたら、ご一報ください!

スクリーンショット 2015 02 02 18 04 15

 

追記:MPTが始めた「Swe Tahar」プラン

2015年1月にMPTが始めた「Swe Tahar」というプランの通信はかなり良好だそうです。KDDIと経営統合して、通信サービスだけでなくてルーターなどの通信機器もどんどん入れ替えが進んでいるとか。そもそもMPTしかなかったので、加入者もエリアもダントツのトップ。サービス品質を上げて流出を防ぐ戦略なのでしょう。

領収書のCommercial Taxシール(印紙)

2014年後半から、ミャンマーでの領収書には、Commercial Taxのシール(印紙)を張ることになりました。これがないと、会社で経費精算したくても、基本的には認められないと言うことになります。

とはいえ、ローカル企業の場合は決算の必要がない場合もあったりしますし、お布施(賄賂)で何とかなる場合もあります。いろんな新しい施策・制作が走りますが、運用レベルまで落ちていないのがミャンマーらしいです。

いずれにせよ、このお店はちゃんとしているのかどうか、この取引先はちゃんとしているのかどうか、を図る一つの手段としてこのCommercial Taxのシール(印紙)があるかどうかを見てみましょう。やはり、Commercial Taxのように新たな政策に無頓着な企業は、仕事にも無頓着だろうし、支払も無頓着だろうし、知らんフリしてだましてやろうって考えているかもしれませんからね。

ミャンマーの領収書