Golden Myanmar Airlines (GMA)にのる

ヤンゴンとマンダレーの行き来には、バス・電車・飛行機があります。
一番のおすすめはバスです。18000Ksで最上級クラスのバスに乗れば、快適にマンダレーまで移動できます。
しかし、時間はかかり、途中の休憩を含めて9時間ほど。
そのため、マンダレーで宿泊して、午前中にヤンゴンに移動したい場合は、飛行機を使うことになります。

飛行機と行っても、結構時間がかかります。
  ・マンダレー市内 > マンダレー空港 早朝で1時間
  ・搭乗まで待ち時間 1時間
  ・マンダレー>ヤンゴン空港のフライトが1時間
  ・ヤンゴン空港 > ヤンゴン市内 朝1時間弱
ということで4時間はかかりますので、ご承知おきください。

さて、マンダレーとヤンゴンを結ぶフライトは、Air Mandalay、Air KBZ、Air Bagan、Asian Wingsといくつかありますが、
今回はGolden Myanmar Airlinesに乗ってみました。

Golden Myanmarの良いところは、
  ・JETである (エアバスA320)
  ・朝イチのフライトで、9時半にはヤンゴンに着く
  ・外国人料金がない (ローカルと同一)
  ・LCCである
ということでしょうか。
私のフライトは、45,000Ksでした。45ドル。
以前、Air Mandalayに乗ったときは外国人プライスで175USDかかりました。

LCCなので、バスで飛行機に向かい、タラップから乗り込みます。
朝日を浴びて、気持ちいい気分になります。
ヤンゴン経由してシンガポールまで飛ぶそうです。

Golden Myanmar Airlines  Y5234 AirBus A320
Golden Myanmar Airlines Y5234 AirBus A320

航空機は比較的新しいらしく、内部はきれい。
CAさんもかなりジェントルな感じで、上品さを感じます。
座席は横幅広いですが、前が窮屈です。
2014-02-13 07.56.56

LCCなので、機内食やドリンクは別途料金。
この辺はAIR ASIAそっくりですね。
2014-02-13 09.32.07

なので、金額と午前中移動のメリットを考えると、交通手段の選択肢には入るでしょう。
ちなみに、AirBaganは、世界中で危ない航空会社のかなり上位にランクされていますが、Golden Myanmarも、その次点ぐらい。
やっぱり僕はバスが良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です