バガンとヤンゴンの真ん中にある世界遺産ピィ

ミンガラバー。今回の大学夏休みに世界遺産のピィに行きました。ピィ市はヤンゴンの北西にあり、約300km、バスで約7時間、チャーターで6時間かかります。そして、ピィはバガン古都とヤンゴンのちょうど真ん中にあります。

ビィへの乗り場はヤンゴンのアウン・ミン・ガ・ラーバスターミナルです。時間は毎日の朝6時半、または、1時間ごとにバスが出るらしいです。僕らが出発したのは朝の8時半です。ちょうど良いタイミングだと思います。そして、バスは日本の中古車だったんです。

imageピィへ行く道には千枚以上の田んぼがあり、それらの全体が大きなグリーンカーペットのように広がって息を飲むような美しい風景です。

image

image

image

15時頃にピィのバスターミナルに到着して、知り合いの方に迎えに来てもらいました。そのバスターミナルからピィ市まで、車でまた15分ぐらいかかります。

町の真ん中には金で輝いているアウン・サン将軍の彫像があります。

image

image

ピィ市はミャンマーの命のエヤワジー川のそばにありますので、魚と野菜の家庭料理は非常に美味しいです。ピィに訪れたら、是非お試してきてください。

image

 

ピィ産の牛乳デザートも最高です。

image

ヤンゴンからピィへ行き方

ヤンゴンからピィのチケット代 4500チャット。ススメのバス会社はAsia とMyoSatThit。

ホテル情報

①Mingalar Garden Resort(ミンガラ・ガーデン・リゾート)
Ph+95-053-28661,28662,28663,28664,28665  http://www.mingalargardenresort.com

世界遺産のタイエキッタヤー のすぐ近くにあるため、大人気です。

②Lucky Dragon Hotel

Ph +95 53-24222,Fax : 053-26433   http://www.luckydragonhotel.com

エヤワジー川、ナイトマーケットと駅の近くにあります。

バガン塗りの小箱(民芸品)

ミンガラバー、皆さんはミャンマーに訪れた時、お土産店 、主にバガンの小さい屋台でこの写真のような塗りものをきっと見かけたでしょう。今日はこの綺麗でお土産にぴったりのバガン塗りについて書きたいです。

image
image
image

ミャンマーのバガン塗りは約900年以上の歴史があり、木、竹と馬の尻尾の毛で作られでいます。しかし、木で作った塗りは重たいため、あまり人気がないらしいです。

さあ、これからバガン塗りの作り方について説明します。

まずは竹で欲しい模様を作ります。

image

竹と馬の尻尾の毛を一緒に編んでみると柔らかい塗りの模様ができます。

image

できた模様に漆を塗ります。

image

そして、地下室に常温で乾燥します。漆が乾くために最低でも2週間はかかりそうです。このような作業を8回以上繰り返します。

image

漆がある程度厚くなり、完全に乾燥したら、その上に絵を書きます。

image
image

その後、色を入れます。赤、緑と黄色は基本的なバガン塗りの色です。

image

 

image

 

 

image
image

 

色の塗りが終わって、乾いたら、綺麗なバガン塗りができます。

image

最近はバガン塗りに金や卵の殻を使った作品も増えています。

image
image image

バガン塗りの使い方 : バガン塗りを長く持つため、例えば、熱いお茶を入れたとしたら、ずっと、熱いお茶だけ入れて使ってください。洗う時も、緩い水で洗ってください。そうすれば、長く使えます。

注意 : バガンパゴダの屋台は大きい店より2・3倍安いですが、偽物もありますので気を付けましょう。そして、偽物とは中身は竹制じゃなくてプラスチック制のことです。また、本物のバガン塗りは耐熱なので、ガスライターの火で燃やされても燃えないのです。