シンガポールDBSからミャンマーへの送金

DBSから回答が届きました。
CB BANKからはシンガポールのDBSは提携しているとなっていましたが、
下記の3つの銀行以外には送金できないようです、、、
今後送金先が広がっていくととを期待してます。
引き続き、ほかの銀行を当たってみます。

—–
Dear Mr Torikai,

Thank you for your email dated 24 May 2013.

We seek your kind understanding as we are able to process Telegraphic Transfer application for our account holders only.

For remittance to Myanmar in SGD and USD currency, we wish to inform you that it will be subjected to beneficiar/ies maintaining accounts with the following banks:-

1. Myanma Investment and Commercial Bank
2. Myanmar Foreign Trade Bank and
3. Myanmar Economic Bank.
Kindly note thefollowing Telegraphic Transfer charges applicable :-

Outward Telegraphic Transfer (OTT)
Commission
a) Accountee 1/8% of the remittance amount (min. S$10 max. S$120)
Commission in-lieu of exchange if no foreign exchange is involved
a) Accountee 1/8% of the remittance amount (min. S$10 max. S$120)
Cable Charge S$20.00
Agent Bank Chgs Where applicable

Please be advised that all applications are subject to the bank’s approval.

If you require further assistance, please contact our Customer Service Officers at 1800 222-2200 or +65 6222-2200 (for calls made from overseas).

We take this opportunity to thank you for banking with DBS.

Yours sincerely,
—–

ヤンゴンのデートスポット

ヤンゴンのデートスポットと言えばここ。

等間隔にベンチが並び、カップルが同じ時間を過ごす。
京都・鴨川のデートスポットのようです。

20130310_174636

鴨川と違うのは、ここは赤い大地のミャンマー・ヤンゴン。
沈む夕日はとても綺麗です。
ただ、、、川の水はドロドロでちょっと、、、くさいし、
周りにかみタバコの吐き捨てた跡ばかりなので、
ちょっとムードはないかもしれません。

20130310_174354

場所はここです。
Botahtaun Pagodaから南に3分。川岸のところです。


大きな地図で見る

ウーベイン橋 (U Bein Bridge)

ミャンマーの古都、マンダレー (Mandalay)の観光スポットと言えば、ウーベイン橋(U Bein Bridge)。
そのまんま「ベインさんの橋」です。

マンダレーの中心部から車で20分ほどにある大きな湖にかかっている、木造で世界最長の木造の橋。
対岸に渡るために作られたそうで、ミャンマーらしい絶好の撮影スポットです。
サンセットに来ることをおすすめします。

IMG_1452
全長1.2キロあり、夕方頃はかなり混み合うので、往復で1時間ほどはかかります。
かーなーりー、揺れます。高さは3mほどあるので、高所恐怖症の人はつらいだろうなあ。
木造橋なのですが、作られて100年経過しているので一部修復したそうですが、
鉄骨&コンクリートの橋の部分で修復したのでマンダレー市民は激怒したのだとか。

IMG_1465
渡し船もあります。とてものんびりできる場所です。
(この渡し船は、サンセット写真の絶好の場所で写真を撮らせてくれます)

対岸にはカフェ・レストランも。
やっぱりミャンマービールですね!!
日本の喧噪を忘れて、とてものんびりできます。

20130312_172139

砂埃に沈む大きな太陽。
砂埃なので、太陽が消えるのは早いですが、あたりはゆっくり暗くなります。
IMG_1460

マンダレーにきたら、毎回来てしまう場所です。

ビルマ数字

ミャンマーでは、最近ではアラビア数字が多くなってきましたが、
少し田舎だったり現地人オンリーなお店だと、ビルマ数字で記載されています。

(出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Burmese_number.gif)

時計とかは何となくわかるし、車のナンバーや、住所の地番なんてわからなくてもいいですが、
料金がわからないと困ることが多いです。

2013-01-30 13.51.31

このメニューは、ヤンゴン空港(国内線)のカフェのメニュー。

読めないと、数百なのか、数千なのかのオーダーはわかりますが、実際の金額がわかりません。
読めないことをいいことにぼったくるミャンマー人もいますので、注意です!

ちなみに、最後のゼロの上に丸がついていますが、これは『チャット」(ミャンマーの通貨名)の意味です。