カテゴリー別アーカイブ: 携帯・インターネット事情

ミャンマーでの携帯電話やインターネット事情をご紹介します。日々状況は良くなっていますので、あくまで執筆日時点での情報と言うことでご了解ください。

OoredooのSIMを買ってみる

ミャンマーでは、国営企業であり最近KDDIと業務提携したMPTの他に、カタールのOoredooとノルウェーのTelNorという3つの携帯電話キャリアがあります。元々は、国有企業のMPTが独占していたため、SIMカード1枚600ドルと、大卒初任給の4〜5倍の価格でした。しかし、OoredooとTelNorの2社が参入し、SIMカードの金額は600ドルから1ドル50セント(1500Ks)と極端に安くなり、たくさんのミャンマー人が携帯電話を持てるようになりました。

2014年に2社が搭乗した頃は、通信速度の速さからOoredooが優位と言われていました。しかし、2015年になって、ロヒンジャー(ロヒンギャー)の問題が注目されるようになると、「イスラム教の国の携帯なんか使いたくねえ」というミャンマー人が多くなり、Ooredooからの離脱が進んでいます。

ということで、OoredooのSIMカードを購入してみました。

IMG 2603

OoredooのSIMカードは、Technolandなどの量販店や、それこそ街角の携帯ショップで売られています。通常は、携帯電話番号を選べるようにこのように逆向きにして販売されています。0000などのキリの良い番号は、1500チャット以上の高値がついているか、だいたい流通しないようになっています。ですので、好みの番号をゲットするには、Techonolandなどの量販店で購入するのが良いでしょう。

購入時に、チャージする金額も合わせて支払います。私は10,000Ksをチャージしましたので、SIMカード代金と合わせて11,500Ks支払いました。10,000Ksあれば、私の利用スタイルだと30日分は持つかもしれません。

なお、現地人に名義を借りないで購入するときは、パスポートを持参して下さい。誰に販売したのかを記録していますので、パスポートがあれば大丈夫です。

IMG 2638

OoredooのSIMカードの表面はこのようになっています。通常サイズ・MicroサイズのSIMが一体型になっています。もしも、iPhone5Sなど、Nano SIMを利用する必要があれば、購入店舗で聞いてみて下さい。たいていはNano SIMカッターを持っていて、その場ですぐにカットしてくれます。(動作保証してくれるんでしょうかね・・・?)

IMG 2637

 

背面にはIDと電話場暗号が書かれます。この写真では切り取った  部分に電話番号が書かれています。電話番号は099-xxxx-xxxxという形式で、MPTの携帯電話番号に比べると長く覚えづらい番号になります。

IMG 2634

SIMカードはこんな具合に収まっています。通常サイズ、Micro SIMどちらでも利用できるSIMカードが入っています。私はiPhone5S用にNanoサイズでカットしてもらったので、こんな残骸になっています。

IMG 2635

なかにはアクティベートの方法などなどいろいろ書かれています。購入時に、店員にアクティベートしてもらいましょう。そうすれば、操作不要ですぐに利用可能です。

IMG 2636

OoredooのAPN設定などはこちらを参照下さい。

 

IMG 2570

ミャンマーでの快適なインターネットライフを楽しんで下さい!
ただし、Ooredooはダウンタウンであってもアイススポットと呼ばれる圏外エリアが多々あるようです。もっと電波塔が建ち並べば良いですね!(写真はPyeyロード脇の電波塔)

KDDIの「海外ダブル定額」がミャンマー対応

アメリカやヨーロッパ、アジアの主要国では、日本の携帯電話を持って行って現地で利用しても、パケット利用料の上限が有り、それ以上課金されないような仕組みがあります。ドコモで言えば「海外パケ・ホーダイ」、KDDIでは「海外ダブル定額」、ソフトバンクなら「海外パケットし放題」というサービスです。

いままで、これらのサービスはミャンマーは対象外とされてきました。そのため、現地OoredooやTelnor、MPTなどのSIMをSIMフリー携帯で使うか、モバイルルータをレンタルするかしかありませんでした。そうしないと、割引が一切効かない「定価」で請求されるため、1週間の出張で10万円を超える請求をよくききました。いわゆる「パケ死」という状態となります。

MPTと業務提携したKDDIがやってくれました。1日の24.4MB(定価4万円分)までは1日1,980円に、どれだけつかっても1日2,980円です。24.4MBというのは非常に少ないので、Facebookでちょっとアクセスしたら突破します。実用に値しない閾値です。しかし、1日2,980円をこえないということは、1週間の出張で、2万1000円を超えないと言うことです。これで出張時のネット代金も予算化できますので、もう怖くないですね!!

スクリーンショット 2015 06 01 11 09 40

ただ、通信品質は良くなってきたと言うことですが、私はTelnorをつかっていますので、MPTがどれほどかよく分かりません。。。2,980円払ってまで通信したいレベルなのかも微妙です。次回の出張時に確かめてきたいと思います! 

KDDIでは「海外ダブル定額」
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/packet-discount/kaigai-double-teigaku/lte/

ミャンマーTelenorのSIMカードをSIMフリーiPADで使う

ミャンマーの携帯業界は、国営のMPT一社独占であったため、SIMカードも高価、通信料も高価、その割に通信速度や品質は低いと言う状態でした。それが、昨年のTelenorとOoredooの参入によって競争が激化し、今までの1/20以下の金額でSIMカードを買うことができるようになりました。

TelenorとOoredooの外資系携帯電話会社どちらがよいか、と言うところで言うと、今のところ大差はなさそうです。

Ooredooの方が先にサービスインしたためエリア的に先行しているイメージがありますが、通信料が最大150ドルと非常に高く、その割に通話エリアが狭かった印象があります。150ドルは、現地で言えば、大学卒業の初任給です。ヤンゴンの平均月収でもあります。つまり、日本で生活している感覚だと、通信料が20万円とか25万円である感覚です。

さて、TelenorのSIMカードを購入して、イギリスで購入したSIMフリーiPAD(iPAD3)に刺し、ミャンマーでモバイル通信をしてみました。

TelenorのSIMカード購入

Telenor Myanmar SIM

近くのTelenorショップでSIMカードを購入します。最近は、SIMカードだけ購入する人が多いとのことで、初回10,000Ksのプリペイドカードの購入などが販売条件になっています。状況は日々変わると思いますので、購入時に店舗に確認してください。

TelenorのSIMカードを購入すると、SIMカードとnano SIMカードの両方が入っています。ですので、購入すれば、iPADにそのまま刺すことができます。

Telenor SIMカードのアクティベーション

まず、SIMカードを購入した後に、アクティベートする必要があります。これは、一度電話の発信をすることによってアクティベートすることができます。これをしないと、そのSIMカードを利用開始したことにならないので、利用ができません。

iPADには電話機能がありません。なので、iPADだけではアクティベートができません。 そこで、知人の携帯電話に刺して、一度通話してもらう必要があります。 お店で購入したなら、お店の人に依頼して、その場でアクティベートしてもらいましょう。

Telenor の通信APN設定

iPhone/iPADの設定で、「モバイルデータ通信」を開きます。そして、下記の通りに設定します。

APN:  telenor ユーザ名: internet パスワード: (入力不要)

APN設定周りは、3Gの規格やプロトコルなんでしょうが、キャリアとの通信などなどが発生してすぐうまくいかないことが多いです。設定終わったら再起動をしてみてください。うまくいくと、下の画像のように、左上のキャリア部分に「Telenor 3G」と表示されます。(私のiPADはiPAD3で米国内だけLTE対応している機種ですので、最新の機種だとどう表示されるかは分かりません)

TelenorのAPN設定

スピード・エリア

やはり、MPTに比べるとエリアはまだまだ狭いです(2014年12月現在)。ホテルでは室内の場所によっても通信できる場所・できない場所があったりします。外でもHSDPA通信できない場所も多く、それなりにストレスはあります。

ヤンゴン市内は、バハンあたりは電波状態が悪く、通信はできないことも多かったです。タクシーで渋滞にはまっているときにこそネットは役立つものなので、今後の改善に期待です。

電波状況が悪くなってくると、「Telenor E」と、E印がつきます。EDGEの意味で、2.5Gとかも呼ばれる状態です。画像が多いページなどは、遅すぎて、ほとんど開きません。画像が少ないページというのは20年ほどまえのページのことですから、繋がってないも同然です。この状態は頻繁にあります。

スクリーンショット 2015 02 02 17 58 12

それより電波が悪くなると、消えます。電波自体はバリ5なんですがね。。。

スクリーンショット 2015 02 02 17 58 24

テザリングについて

Telenorの料金プランにも寄るのでしょうが、私の使っているプランではテザリングは許可されていないようでした。そのため、iPADの「インターネット共有」画面はメニューが表示されず、設定ができませんでした。もしかしたらできるのかも??情報ありましたら、ご一報ください!

スクリーンショット 2015 02 02 18 04 15

 

追記:MPTが始めた「Swe Tahar」プラン

2015年1月にMPTが始めた「Swe Tahar」というプランの通信はかなり良好だそうです。KDDIと経営統合して、通信サービスだけでなくてルーターなどの通信機器もどんどん入れ替えが進んでいるとか。そもそもMPTしかなかったので、加入者もエリアもダントツのトップ。サービス品質を上げて流出を防ぐ戦略なのでしょう。

ヤンゴン空港のFree WiFi

ミャンマーの玄関口、ヤンゴン国際空港。
ここでもとうとうインターネットが使えるようになりました。

正確に言うと、今までもあったのですが、REDLINKというWiMAXベースのWiFiルータがぽつんと置かれているだけでした。

このルータは私も所有していましたが、きわめて性能が悪く、WiFi側に3台もPCがつながるとルータのパフォーマンスが極端に落ちるのです。また、ヤンゴン市内の利用者急増により、REDLINKの通信速度は50Kbpsも出ればよいぐらいまでに落ち込んでいました。

つまり、そのWiFiルータに、飛行機から降りてきて「さーFacebookチェックインするぞ!」という旅行客200人がつなぐと、、、想像できますね。

電波は見つかるけど、つながらない。つながったけどIPアドレスが取得できない。IPアドレスは取得できたけど、Facebookのログインがなかなかできない。。。

これに見かねたREDLINKが、シュエダゴンパゴダやダウンタウンなどに、Free WiFiを設置しまくっているのですが、ここヤンゴン空港(到着ロビー)にもできた、というわけです。たぶん、接続はWiMAXではなく、ADSLなんじゃないかな。今までで一番サクサク接続ができました。

2014-06-29 12.16.48

ヤンゴンに会社を興して1年半。月1回ペースでヤンゴンに飛んでいますが、はじめです。到着時にネットにつなげることができたのは!

興奮のあまり嫁さんにLINEで写真を送ってしまいました。

是非使ってみてください。

ミャンマーの携帯電話プリペイドカードの使い方

もうまもなく、ミャンマーでTelNorとOoredooによる携帯電話サービスが始まります。携帯電話サービスが民間で運営されるようになって、これで本当にSIMカードの値段が下がり、たくさんのミャンマー人が携帯とインターネットに触れることができるようになると思います。一事業者独占でやってきた政府系MPT (Myanmar Post and Telecommunications) も、値引き作戦を展開してくるのでしょうか。

さて、そんなMPTのプリペイドカード、見たことありますか?
5,000チャット(ks)か、10,000チャット(ks)の2種類があって、デザインは豊富です。レストランやカフェ、雑貨店、キオスクなので気軽に購入できます。(※SIMカードではありませんので、これを購入してもSIMフリー携帯電話発替えません)

 2014 04 03 12 22 50

裏面には使い方と、スクラッチ形式のパスワードが書かれています。

2014 04 03 12 22 59

まず、MPTプリペイドカードを購入するときは、有効期限に注意。
このカードの場合は、EXPIRY DATEが2013年9月22日になっています。
日本人だと思って、購入時にダマされないようにチェックしてください。

次にプリペイドカードのスクラッチを削ります。
そのなかには18桁のパスワードか書かれています。
このパスワードを携帯電話で入力することによって、チャージされることになります。

*123*パスワード#
と入力してから、通話ボタンを押すだけです。
チャージ残高を確認するには*124#と入力して通話ボタンを押します。

IMG 3785

こうやって10枚単位で買うと 壮観です!

ミャンマーREDLINK(Wimax)で1.21Mbpsを記録!

USENのスピードテスト1920

今日アクセスしたら、超速かったので、日本→ミャンマーの経路でスピードテストしてみました。
なんと1.21Mbps!!!目を疑いました!!

IMG_3189

時間帯は19:20頃。回線はWiMAX。
電波状況は、バリ3のところ2で、Bo Aung Kyaw St.のホテル8階に設置しました。

これだけ出れば、仕事には支障が無いですね!!

 

ちなみに、ヤンゴン空港のJADE LOUNGE(ビジネスクラスラウンジ)のWiFiも
このRedLinkで接続です。
屋内にあるので、電波状況は1本程度。
ラウンジは50人ほど入れて、全員がネットにアクセスしているので、、、
アクセスが遅すぎてほとんどつながらないのも納得ですね。

Google Analyticsが使えるようになりました

ミャンマー版Google(Google.com.mm)が始まりましたので、
もしやと確認したところ、Google Analyticsも利用可能になっていました。

以前のヤンゴン訪問(2013年2月)で試したところ、まだ利用ができませんでした。
http://www.torijun.com/archives/54

ようやくミャンマー国内でPDCAを回すことができるようになります!!

ミャンマーでのITビジネスの期待と現状のギャップ

1000530_10200845422315141_1282560400_n
これが、ミャンマーでのITビジネスの期待と現状のギャップの1つです。
3Mbps契約のWifiルータでプリンタドライバのDL中。利用者はたったの1人です。
あと16分とでてから16分たって、のこり15分とでています。
画像加工作業を請け負ったとき、1時間に何枚処理できるでしょう?
ウィルスソフトの更新に何時間かかるでしょう?
10MBのAndroidアプリをダウンロードしたいと思いますか!?
今日のレストランをネットで検索なんかします??
「あれ何だったっけなー」ってGoogleで試しに検索なんてしてみます?
このあたりの技術的な問題をきっちり解決できないと
成功はもちろん、土俵にも乗れませんね。

ミャンマーでのGoogleAnalyticsアクセス解析

2013年1月31日現在、残念ながら、ミャンマー国内でGoogle Analyticsは利用できません。
ログインしようとすると、下記のような文章がでて、解析画面に遷移できません。

google analytics
We’re unable to grant you access to Google Analytics at this time.
A connection has been established between your current IP address and a country sanctioned by the U.S. government.  For more information, see http://www.ustreas.gov/offices/enforcement/ofac/

早く使えるようになってほしいです!