カテゴリー別アーカイブ: ホテル

ミャンマー国内(ヤンゴン・マンダレー・メイミョーほか)のホテルを紹介します。

日系の「ホテルガンゴウ HOTEL KAN KAW」

6月16日からおよそ1週間、ヤンゴンに滞在してきました。以前に比べてネット環境が飛躍的に良くなり、また、スタッフの習熟度が高まったこともあって、ヤンゴンに行かなくてもビジネスが回るようになってきましたが、社員の評価面談などはFace to Faceが欠かせません。

今回は、日系企業が運営するAHLONEにあるホテル「ホテルガンゴウ」(Hotel Kan Kaw)に宿泊することにしました。日系企業が運営するホテルはヤンゴン市内にも増えてきましたが、このホテルガンゴウは2013年からオープンしていて、日系ホテルでは老舗のホテルです。ホテルの最上階には日本人会の事務所も入居しています。私もヤンゴンにはかなり滞在しますが、このHOTEL KAN KAWへの宿泊は初めてです。

HOTEL KAN KAWのお部屋

部屋はDELUXEのダブルルームでお願いしました。料金の割には広い部屋です。

IMG 2583

そんなに大きいわけではありませんが、ビジネスで必要充分なサイズなデスクもあります。ミャンマーの3つ星以下のホテルは、パソコンと資料を広げられるようなデスクが少ないです。コーヒーテーブルとソファー席だったりすると、現地での執務が大変になりますよね。視察という名目の旅行のだったらそれでも良いかもしれませんが、仕事でミャンマーに来る以上デスクは必要不可欠な機能です。

IMG 2584

部屋の冷蔵庫を開けると、そこには八海山の冷酒が!いつもは30,000Ks(およそ3,000円)ですが、今は期間限定プライスで20,000MMKとのことでした。私は日本酒を飲むとすぐに記憶が飛んでしまいますので、今回はおあずけです。その他、ミャンマービール缶(2,000Ks)、コーラ、水(1,000Ks)など、必要な飲み物は揃っていて、たりなければフロントにお願いすればすぐに持ってきてくれます。私はミャンマービールの瓶(3,000Ks)が好きなので、到着早々2本開けてしまいました。

IMG 2589

トイレはこんな感じ。この画像の左側にアメニティも揃っています。ミャンマー式ウォッシュレット(左の水のホース)も水圧ばっちり。

IMG 2586

お風呂はこんな感じ。ユニットバスなのでトイレと一緒にありますが、広くて綺麗なバスタブです。特筆すべきは、お湯が透明!!ヤンゴンのダウンタウン、特にボタタウンの方だと、お湯を貯めてもうっすら濁ってて、湯船に長く浸かりたくないです。特に雨期はひどくなりがちです。そんな雨期の6月でもHOTEL KAN KAWは透明なお湯でした。

IMG 2587

食事

完全な和食です!
ミャンマーは朝から脂っこいものを食べますから、あっさりした和食は嬉しい限り。滞在が長くなればなるほど、和食は嬉しいです。ミャンマービールを飲み過ぎて二日酔いの朝も、味噌汁を飲めば復活できますね。

IMG 2593

設備

ホテルの2階にジムがあります。ほとんど使っている人はいないようですが、体を動かせるマシンがあると嬉しいですね!

IMG 2590

HOTEL KAN KAWは連れ込めるか

HOTEL KAN KAWに女の子を連れ込めるか、という質問をよく聞きます。というのも、HOTEL KAN KAWはオープン当初、連れ込みができませんでした。そのため「○○商工会議所視察ご一行様!」みたいな日本人にありがちな視察ツアーでは、いろいろトラブルが起きていたと聞きます。しかし、2015年6月現在、このような張り紙が各部屋のドアに掲げてありますので、連れ込みOKになったということでしょう。

このホテルはAHLONEにあるので、クラブに行くとすればSKYWAYですかね。ただ、SKYWAYは日本人が少ないローカルなクラブで、クラブが女の子の管理をしていません。連れ出しは非常に安い相場(40,000Ks=4,000円)ですが、ヤンゴン初心者の方はご注意下さい。下手打ってボッコボコにされないように。

IMG 2588

結論

HOTEL KAN KAWは、日本人が多く滞在する日系のホテルですから安心です。3泊ぐらいの視察にはちょうど良いかもしれませんね。


93A, Hnin Si Kone Street, Ahlone Township

クローバーホテルのデラックスルーム

2015年1月の出張でもクローバーホテルに滞在しました。前回はスーペリアルームでした。

前回の記事はこちらを参照
2014年9月6日 クローバーホテル (clover hotel yangon)

AGODAで調べてみると、「スーペリア」ルームと「デラックス」ルームの料金差が400円だったので、デラックスルームに宿泊することにしました。

クローバーホテルのスーペリアルームとデラックスルームの違いは「無駄な広さ」。スーペリアルームも充分広く、一人ではもてあますぐらいなのですが、デラックスルームはそこにソファーがついてリビングルームのスペースがついています。

宿泊した部屋は102号室でした。Ground Floor、1st Floorとなるので、102号室でも日本で言う2階に当たります。

なんだか広すぎて逆に落ち着かないクローバーホテルのデラックスルーム。このソファーは脱いだ衣服置き場になってしまいます。

IMG_2060

ソファーに座ると、まあ、リラックスできそうな気もしますけど、、、テレビが小さく、ソファーにオットマンもないし、寝っ転がるにはソファーが小さいし、、、で、どうも落ち着きません。

クローバーホテルのデラックスルーム

結論
ビジネスならスーペリアルームで充分です。グループ旅行で、1部屋に集まって騒ぐならデラックスルルームを予約しましょう。

ヤンゴンで連れ込み宿(ラブホ)として使えるホテル

ミャンマー・ヤンゴン市内のほとんどのホテルは、ホテルに連れ込み料を支払うことで、KTVで気に入った女の子を連れ込むことはできます。 ただ、自室に連れ込むのが嫌な場合もあります。それなりにキレイにして、貴重品や仕事道具は片付けておかないと、何を盗まれたか分かりませんから。 そんなときは、連れ込みホテルを使いましょう。星1つ、または、星なしの普通のホテルで、1時間程度の休憩ができるラブホです。

Thirisan Motel

このThirisan Motelは、アローン地区の星なしホテル。AGODAでは星2つですが、客層を考えると星なしと同等かと思います。
1泊20〜30ドルくらいで泊まれるホテルですが、ほとんどは、近くのクラブから女の子を連れてくる人ばかり。
休憩で10,000チャット、およそ1,000円チョイです。

↓このビジネスカードの写真をタクシー運転手さんに見せましょう。
ヤンゴンのラブホとして使えるTHIRISAN MOTEL

地図で言うとココです。

ヤンゴンのラブホ

フロントはこんな感じ

ヤンゴンのラブホ THIRISAN MOTEL

部屋はこんな感じ

ヤンゴンのラブホ 部屋

なかは、とても質素です。まあ、1時間ぐらいの滞在ならOKでしょう。
大きなベッドの部屋と、トイレ&シャワー。
冷蔵庫があって、ドリンクは1,000チャット、100円くらい。
コンドームは別売りで2,000チャット。

このホテルはお客さん同士で顔見知りみたい。
もしかすると、ロビーにいる人たちは、兄弟かもしれませんね(笑

クローバーホテル (clover hotel yangon)

日本人に大人気のクローバーホテル。clover hotelと書きます。今回の出張では初めてクローバーホテルに宿泊してみました。

このclover hotelはヤンゴンに3店舗あります。サクラタワー近くに2店舗(クローバー シティ センター ホテルクローバー シティー センター プラス ホテル)、そして、日本大使館近くに1店舗(クローバーホテル)。今回は大使館近くのclover hotelに宿泊しました。

宿泊した部屋は303号室
ダブルベッドの部屋でした。なかなかキレイ。

IMG_1488.JPG

二つ星ホテルの割りには、大きめのデスクがあります。幅は狭いですが、奥行きがしっかりありますので、デスクワークも問題なく出来ます。
ただ、ホテルのwifiはそんなに速くないので、ご注意ください。

IMG_1493.JPG

無料のコンプリメンタリーの水。1リッターボトルが2本です。

IMG_1492.JPG

ちゃんとセーフティボックスもあります。
冷蔵庫の中は何もなし。ホテルのすぐ近くにお店があるので買い出しにいきましょう!

IMG_1490.JPG

なんか重厚感あるインテリアのシャワーとトイレ。
キレイキレイ。
だけど、熱いお湯はでず、41度くらいのぬるいお湯でした。

IMG_1494.JPG

最上階はレストラン。
宿泊プランの多くは朝食込みになっていると思います。
席は十分にあるので座れないことはありません。

IMG_1478.JPG

朝食はバイキング。ビュッフェですね。
6品くらいで2品ぐらいが毎日入れ替え。ですので、2泊以上すると少し辛い。

IMG_1477.JPG

いいのは、窓からシュエダゴンパゴダが見える!
なんか朝から癒されますね。

IMG_1476.JPG

ここはビジネス目的ならとても良いです。
1泊75ドル程度と、ヤンゴン市内では手頃な料金で、満足度高いです。
ぜひ宿泊してみてください。

 

このホテルの追記あり
▶ クローバーホテルのデラックスルーム

MKホテル ヤンゴン

ヤンゴンはホテル代が高いです。チャトリウム・ホテルトレイダーズホテル(2014年夏に「スーレーシャングリラホテル」に改名)といった五つ星ホテルは200ドル前後で宿泊できますから、正確には、安いところが少ない、ということです。実際に自分が宿泊したホテルをご紹介いたします。

ヤンゴンのダウンタウンから少しだけ離れたMKホテル
宿泊料金も80ドル~100ドルとお手頃な割に、agodaやExpediaなどの宿泊予約ではかなり良い評価されているホテルです。

今回はこのMKホテルに宿泊してみました。

2014-02-06 18.59.29

エントランスは道路に面しています。ですからこの写真のガラスドアの向こうがすぐ道路。ホテルの格としてはビジネスホテルに近いです。

2014-02-06 18.59.49

レセプションも狭い感じ。女の子の連れ込みができるかどうかは、確認できませんでした。もしOKだとしても連れ込み料がかかると思います。

2014-02-06 19.13.30

部屋はこんな感じです。こぎれいなデザインですが、狭く、デスクはありませんので、この部屋で仕事をするには厳しそうです。WiFiは飛んでいます。RedLinkのWiFiルータは感度が悪かった。

2014-02-06 19.13.44

ミニバーにはアルコールがありません。コーラや清涼飲料で2000Ksだったと思います。冷蔵庫の上にある500mlの水がコンプリメンタリーとして宿泊に付属します。

2014-02-06 19.13.11

シャワーは快適。
ちゃんとお湯も出ます。

2014-02-06 19.13.20

タオルも2枚ずつあり、清潔です。

 

総括すると、観光にはもってこいかと思います。視察(という名の観光旅行)でも十分使えると思います。ここでネットを介して日本とやりとりしたり、会議資料を作るというのは大変かもしれません。

ダウンタウンの東のほうですので、夜は何もありません。タクシーが頻繁に走っているエリアですので、ゴルフで朝5時集合、というのも問題ありません。是非一度宿泊してみて下さい。