カテゴリー別アーカイブ: 文化・民芸品

ミャンマーの民芸品など、ミャンマーの独自の文化についてご紹介いたします。

ミャンマーのATM

ミャンマーにはATMがたくさんあります。VISAカードやMASTERカードも受け付けてくれて、ミャンマーチャット(Ks)で海外キャッシングすることもできます。今までは、米ドル(新札)に両替して、それをミャンマーで更にミャンマーチャットに両替する場面も多かったですが、これほどたくさんのATMがあるのであれば、USDもMMKもゼロでヤンゴンに降り立っても良いでしょう。

でも、ミャンマーでATMが使われるようになったのは2014年夏頃からです。

この写真は、ミャンマーICTパーク(MICTパーク)内にあるATMです。2013年終わり頃に撮影しました。UAB(United Amara Bank)、AYA Bank、CB Bank、AGD Bank、KBZ Bankと主要6銀行のATMが並びます。が、、、ガラガラですね。誰一人ATMを利用している人は見たことがありませんでした。ミャンマースタッフによると、そもそも財産没収や銀行倒産などがよくあったこと、1ヶ月に引き出せる金額は小さかったことから、銀行に預ける習慣がなかったということでした。

ミャンマーATM使われてない

CB Bank (Cooperative Bank)は三菱東京UFJ銀行と、KBZ BANKは三井住友銀行と業務提携している銀行です。KBZ Bankが最大手。もともとはKBZは翡翠の会社で、その後多角化し、航空会社(KBZ Air)なども経営しています。

ところが、2014年9月、状況は一変しました。

ミャンマーICTパークには、NTT Data、Ooredoo、ACE Datasystem、MITなど、ミャンマーのIT関連の一流企業が入居しています。そのためでしょうか。ランチタイムや就業時間後にATMに使いたい人たちが列をなしています。

ミャンマーのATM

2014年夏頃、各主要銀行がモバイルバンキングを始めたことも大きな原因でしょう。ATM看板の色がかなり偏食していることから、ガラガラ写真の時から、半年以上経過しているのが分かるかと思います。ミャンマーの雨期は雨が多く湿度が高いですからね。

つい2014年はじめまではATMがあっても意味をなさなかったミャンマーに、一気に「銀行を使う」という習慣が芽生えました。ミャンマーは長い間、軍事政権下で抑制され、他の国で普通にできることができなかった。それ故、生まれ変わりたいという意志が強いのかもしれませんね。

 

ミャンマーの祝日 UNION DAY (2月12日)

本日2月12日は、UNION DAY(ユニオンデー)という祝日で、ミャンマーはお休みです。
このUNION DAYは、旧ビルマ(ミャンマー)の完全独立のため、Panglong協定を締結した記念日です。

ミャンマーは100年以上にわたって英国(イギリス)の植民地でした。1948年1月4日に、完全な独立を達成した後、1947年2月12日にPanglong協定が結ばれました。その目的の1つは、ミャンマー国内の民族間の平等を促進することだったそうです。

英国の植民地時代に人種虐待や差別をうけましたが、このPanglong協定締結によって、ミャンマー国民が団結し、国家として成立することになったそうです。

Panglong協定は、国家の指導者アウンサン将軍と彼の信奉者が、民主的な政府にするための法律を決めたものです。しかし、契約締結後まもなく、アウンサン将軍が撃たれてしまいました。

タナカー(自然派コスメ)

こんにちは〜。今日はミャンマーの自然派コスメ(タナカー)について説明したいです。ミャンマーの街を歩いて行くと子供達や若い男性、女性の顔に黄色ものを塗ってあるのをよく見かけます。その黄色塗りものをミャンマー語でタナカーと言います。

タナカーとはミャンマーの人々にとって無くてはならない長い歴史を持つ自然派化粧品です。これ一つでベースやmake upの役割りを果たし、ミャンマーの強い太陽から肌を守り、また、涼しさも感じさせてくれます。タナカーという木をチャッウピン(石の台)に水を少し落として、擦ると黄色いトノコのようなきめ細かいものできます。擦れば擦るほど濃くなります。


image

image

その黄色い物を顔全体に塗って薄いベースを作ります。

image

image

ベースができたらその上にウサギやハッパなどの模様を書いてミャンマーの人はオシャレします。男性は主に顔に塗りますが、女性達は首や手などにも塗ります。

image小学生の時、母に塗ってもらった一番お気に入りのウサギの模様です。

image

少し時間を置くとタナカートノコは乾燥してきます。

image

タナカーの名産地はシェーボー市です。

image

その他に、タナカーを使った御線香や香水などがあります。また、タナカーの木で彫った大仏や彫り物はミャンマーで非常に人気が高いです。そして、服の油汚れを落とすのに使います。ミャンマーではタナカーを様々なところに使い、大切にしております。

バガン塗りの小箱(民芸品)

ミンガラバー、皆さんはミャンマーに訪れた時、お土産店 、主にバガンの小さい屋台でこの写真のような塗りものをきっと見かけたでしょう。今日はこの綺麗でお土産にぴったりのバガン塗りについて書きたいです。

image
image
image

ミャンマーのバガン塗りは約900年以上の歴史があり、木、竹と馬の尻尾の毛で作られでいます。しかし、木で作った塗りは重たいため、あまり人気がないらしいです。

さあ、これからバガン塗りの作り方について説明します。

まずは竹で欲しい模様を作ります。

image

竹と馬の尻尾の毛を一緒に編んでみると柔らかい塗りの模様ができます。

image

できた模様に漆を塗ります。

image

そして、地下室に常温で乾燥します。漆が乾くために最低でも2週間はかかりそうです。このような作業を8回以上繰り返します。

image

漆がある程度厚くなり、完全に乾燥したら、その上に絵を書きます。

image
image

その後、色を入れます。赤、緑と黄色は基本的なバガン塗りの色です。

image

 

image

 

 

image
image

 

色の塗りが終わって、乾いたら、綺麗なバガン塗りができます。

image

最近はバガン塗りに金や卵の殻を使った作品も増えています。

image
image image

バガン塗りの使い方 : バガン塗りを長く持つため、例えば、熱いお茶を入れたとしたら、ずっと、熱いお茶だけ入れて使ってください。洗う時も、緩い水で洗ってください。そうすれば、長く使えます。

注意 : バガンパゴダの屋台は大きい店より2・3倍安いですが、偽物もありますので気を付けましょう。そして、偽物とは中身は竹制じゃなくてプラスチック制のことです。また、本物のバガン塗りは耐熱なので、ガスライターの火で燃やされても燃えないのです。

 

 

 

パオ民族

ミンガラバー。イエ・ウイン・ナインです。今日はミャンマーで一番働き、そして、タオルを頭に巻く少数民族のパオ民族について紹介したいと思います。

image

パオ民族は少数民族と言うより大民族で約二十万人以上います。そして、ミャンマーの各地に住んでおり、カヤー州からシャン州のタウンジー市へ車で行く時、よく会えます。

image

農業は主な職業です。お茶をはじめ、キャベツやニンニク、そして、ミャンマーの60%以上の野菜をパオ民族が作って、全国に輸出しております。

image

image

もちろん、お米も作りますが、ミャンマーの中部地方ほど多くないです。しかし、田んぼの美しさはミャンマーで一位です。外国の観光客がその場所を通る時に必ず車を止めて階段のような美しい田んぼの写真を撮るそうです。

image

image

また、タウンジ市へ行く途中にパオ民族の市場を見られます。非常に安くて新鮮な野菜や果物、そして、豆類とピーナッツ も買えます。

image

image

そこで私が一番感驚いた事は、住宅はほとんど竹で作ってあり、電気もガスも無いことです。そして、自然の営みを無駄なく最大限に生かして、季節とともに生きているパオ民族はとても素敵だと思い

image

 

image