image

美味しいビルマ料理

ビルマ料理は日本と同じように主食、二つ以上の副菜とスープを家族の皆で一緒に食べます。主食はご飯でタミンと言います。ヒンとは副菜の事で、ヒンイェー(アイェー)はスープの事です。

1セットのミャンマー料理

ビルマ料理の油が多い理由

ビルマ料理とは基本的に濃い味で多少辛いです。そのため、ビルマ族の人々は料理を作るときたくさんの油を使って、その辛さを納めているそうです。チェターアルーネッヒン(鳥肉じゃが)

 

 

ビルマ料理の調味料

ミャンマー全国でよく使われている基本的な調味料はニンニク、タマネギ、ショウガ、唐辛子、マサラー(インド風のスパイス)、魚醤とガピ(エビや魚を発酵した味噌)などです。

基本的な調味料

 

三十分で作れる代表的なビルマ料理チェアルーネッヒン

材料はじゃかいも5個、鳥肉は200g、ニンニク・タマネギ・ショウガ・唐辛子・ガピとマサラーは好きな量で良い、魚醤の量は大さじで一杯入れます。注意:ガピと魚醤はしょっぱいので、塩は少ししか入れません。

image

まずはニンニク、タマネギ、ショウガと唐辛子を叩き和え用の器具(すり鉢のような物)に入れて叩きます。

image

それができたら、じゃかいもを大き目に刻んで、鳥肉と一緒に鍋の中に入れます。そして、油と調味料を全部入れて、水を少し入れます。

image

 

image

三十分後、とても美味しいビルマの人気料理チェアルーネッヒンができます。

image

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>