image

水掛け祭り(ティンジャン祭り、或いは、新年のお祭り)

こんにちは。イエ・ウイン・ナインです。今日はミャンマーの新年祭りについて書きたいと思います。ミャンマーの多くのお祭りは仏様の信仰に深く関わっており、ほとんどは毎月の満月の日に開かれます。その中でミャンマーの代表的なお祭りと言えば水掛け祭りです。

image

水掛け祭り(ティンジャン祭り、或いは、新年の祭り)

新たな年をお迎えするミャンマーの最大祭りです。祭りの由来はヒンドゥー教からだと言われ、バガン時代から行われており、伝統的なお祭りです。毎年の四月13日から16日までは人に水を掛けて、17日は新年となります。地方によって少し違いますが、私の出身地では17日の夕方6時まで掛けます。マンダレーの水掛け祭りは全国で一番有名ですが、ネピドーとヤンゴンもとてもにぎやかだと思います。水掛け祭りではミャンマーの伝統的な踊り(水のような踊り)が見れます。

imageimage

水を掛ける理由

簡単に言えば水は涼しく汚れや火を取り消せます。それと同じ意味でミャンマーの人々は思いやりの心をこめた水を使って相手の悩み、苦しみという心の悪火を取り消せるため、また、旧年の不幸や汚れをその水で流して綺麗にが体で新年をお迎えするためです。しかし、パゴダやお寺へ行く人々、お年寄りの方、任婦、僧侶と尼さんに水を掛けません。

image

お布施と新年

13日から17日にかけて、ミャンマーの人々はお布施をします。また、誰でもパゴダ、お寺と水掛けるステージへ行ったら、モヒンガー、モレーサウン、シェインエー、モロンイェポー(団子)などを無料で食べられるます。私の実家では一週間前から皆を集めて、お布施の準備や水掛けるためのステージの作りでとてもにぎやかです。お正月の日17日では、若者達(15歳〜25歳)は老人ホームなどに行って洗髪をしたり、爪を切ってあげたり、また、お寺やパゴダの掃除、生き物を自由にしてあげたり、などの様々な功徳になる事をします。ミャンマーの中部の方では、里の皆がお金を集めて殺されそうな牛などを買って自由にしてあげる行事もあります。

20130802_105341

シェインエー

image

水掛け祭りの代表的な花

水掛け祭りの時期になるとミャンマー全国ピダウ花の木さえあれ、花の満開の状態が見れます。そして、非常に良いに香りがしますので、花が見えなくても香りから「ピダウの花だ」とすぐに分かります。しかし、ピダウの花はすぐに咲いてすぐに枯れてしまいます。でも、その花が皆に愛されています。なぜなら、水掛け祭りの歌、詩、映画とドラマによく使われています。

image

 

image

追加です。もし、花見や登山が好きな方なら是非私の実家、ロイコー市へ遊びに来てください。山へ登りながら、珍しい蘭の花が見れます。四月の頃ならもう咲いております。

image

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>