ロイコー市、カヤー州

こんにちは。イエ・ウイン・ナインです。今日は私の出身地ロイコー市について書きたいです。簡単に紹介するとロイコー市とは周りが森山で町の真ん中にビルチョウンという川が流れていて、静かでとても綺麗な町です。

image

民族

主にカヤー民族、パオ民族、シャン民族、カヤイン民族、ビルマ族、首長族と10族以上の少数民族が住んでいます。

image

カヤー州の日

毎年の一月15日はカヤー州の日です。たくさんの人が集まって、屋台や有名なタレント、歌手を借りて祝いします。その時、年に一番最初に収穫したお米で作ったカウイェー(匂いがビールぽいけど、味が違う)いう酒とカヤー民族の自慢のソーセージが食べられます。また、民族の日常生活を演じる踊りや歌などを見ることが出来ます。

image

モークオボエー(雨が降りますように祈る祭り)

4月と5月の間に行われている行事です。雨が降る事を願いながら踊ります。

image

デイクー祭り

毎年の9月から10月の間に行われています。村によって日が違います。田植えの成功という意味、また、日本の節分豆まきと同じ意味です。

image

有名スポット

町の真ん中にあるミョナンパゴダ

ミョナンパゴダ

image

タウンクエーパゴダ

タウンクエパゴダ

ナウンヤ湖

image

ローピタ滝

image

image

ティセーカ滝

image

ロイコー市と日本の接点

ロイコー市はミャンマー全国の致命である、水電力の工場を三つ(一つは2011年に作った)もってます。その工場は戦後日本がミャンマーへの弁償と補償として、作ってくれたものです。そのおかげで、当時のミャンマーは始めて電気が使えるようになったと言われています。また、日本が作ってくれた橋もあります。ちなみに、私のおじいさんもその工事に参加しました。

image

image

有名な食べ物

カウイェーとカヤーソーセージ

image

お土産

手作りのカヤー布、銅と銀のアクセサリー

image

image

観光ビザ

2011年までは外国人観光客立ち入り禁止でしたが、今は訪れる事が出来たそうです。

交通案内

ミャンマー国内線で約一時間の距離ですが、週に二便しかないです。路線バスの場合はヤンゴンから18時間ぐらいかかりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です