ヤンゴンで連れ込み宿(ラブホ)として使えるホテル

ミャンマー・ヤンゴン市内のほとんどのホテルは、ホテルに連れ込み料を支払うことで、KTVで気に入った女の子を連れ込むことはできます。 ただ、自室に連れ込むのが嫌な場合もあります。それなりにキレイにして、貴重品や仕事道具は片付けておかないと、何を盗まれたか分かりませんから。 そんなときは、連れ込みホテルを使いましょう。星1つ、または、星なしの普通のホテルで、1時間程度の休憩ができるラブホです。

Thirisan Motel

このThirisan Motelは、アローン地区の星なしホテル。AGODAでは星2つですが、客層を考えると星なしと同等かと思います。
1泊20〜30ドルくらいで泊まれるホテルですが、ほとんどは、近くのクラブから女の子を連れてくる人ばかり。
休憩で10,000チャット、およそ1,000円チョイです。

↓このビジネスカードの写真をタクシー運転手さんに見せましょう。
ヤンゴンのラブホとして使えるTHIRISAN MOTEL

地図で言うとココです。

ヤンゴンのラブホ

フロントはこんな感じ

ヤンゴンのラブホ THIRISAN MOTEL

部屋はこんな感じ

ヤンゴンのラブホ 部屋

なかは、とても質素です。まあ、1時間ぐらいの滞在ならOKでしょう。
大きなベッドの部屋と、トイレ&シャワー。
冷蔵庫があって、ドリンクは1,000チャット、100円くらい。
コンドームは別売りで2,000チャット。

このホテルはお客さん同士で顔見知りみたい。
もしかすると、ロビーにいる人たちは、兄弟かもしれませんね(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>