ヤシの木(タン・ピン)

こんにちは。皆さんはミャンマーの旅行中にヤシの木を見かけましたか。特に、ミャンマーの中部である、マンダレー、バガン、タージー、ミッティラー辺りに行くとよく見られると思います。また、この木は暑い地方の象徴でもあります。

image

さあ、この木はどうのようにミャンマー人にとって大事なのかを説明します。

まずはヤシの葉です。ミャンマーの中部ではヤシの葉を屋根や壁として使います。夏は涼しくて、雨が降っても水は漏れないです。

image

次はヤシの実です。実はジューシーでゼリーのような食感で甘いです。長く雨が降らない時、牛や豚などの餌にもなります。(写真の実は熟成し過ぎて食べれません)

image
image

最後はヤシの花です。ヤシの花は2〜3月に咲き始めます。花の咲いている枝を切ってヤシの汁を壺で受けます。その汁はミャンマーのジュース、黒砂糖と酒の素材となります。

image

ヤシのジュースは木からとった汁の事です。非常に甘くて美味しいです。

黒砂糖は汁を釜に入れてグラグラ煮詰めます。汁は茶色になって濃くなります。濃くなったら、弱火にしてスプーンを使って欲しい型にします。ヤシの木から作った黒砂糖は100%自然派物で健康に良い、民家薬や料理に使います。(僕は時季外れに行ったので黒砂糖の作り方の写真がないです)

image

ヤシの酒とは汁を壺で受ける時、壺の中に発酵する物(米のとぎ汁と少量の石灰)を入れて木の上に1日起きます。その後、醸造します。image

image

ヤシの木は自然がくれたミャンマーの宝物だと思います。

image

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です